国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

中国人神経変性疾患患者の転帰と負担.10年間の臨床特徴調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Clin. Pract..2020 May;:e13534. doi: 10.1111/ijcp.13534.Epub 2020-05-17.

中国人神経変性疾患患者の転帰と負担.10年間の臨床特徴調査

The outcome and burden of Chinese patients with neurodegenerative diseases: A 10-year clinical feature study.

  • Gui-Hua Li
  • Peng Li
  • Lin Lu
  • Zhe Li
  • Ming-Shu Mo
  • Xiang Chen
  • Guo-You Peng
  • Wen-Yuan Guo
  • Yu-Wan Lin
  • Jie-Wen Qiu
  • Xin-Ling Yang
  • Xin-Tong Liu
  • Ping-Yi Xu
PMID: 32418282 DOI: 10.1111/ijcp.13534.

抄録

背景:

中国の高齢化が進むにつれ、神経変性疾患(NDD)の発生率が飛躍的に増加しており、家族や社会の医療・経済的負担が大きくなっています。

BACKGROUND: As the Chinese population continues to age, the incidence of neurodegenerative diseases (NDDs) has increased dramatically, which results in heavy medical and economic burden for families and society.

研究の目的:

本研究の目的は、中国南部の病院におけるNDDを10年間にわたって評価し、人口統計学、転帰、入院期間(LOS)、費用の傾向を検討することであった。

OBJECTIVE: The objective of this study was to evaluate NDDs in a southern Chinese hospital over a 10-year period and examine trends in demographics, outcome, length of stay (LOS) and cost.

方法:

2010年1月から2019年12月までの患者のレトロスペクティブカルテを収集し、NDDを有する患者7231人(症例群として)とNDDを有さない患者9663人(対照群として)を対象とした。社会的人口統計学的データ、入院源、入院理由、転帰、LOS、費用の情報を抽出し、分析した。

METHODS: Retrospective medical records of patients from January 2010 to December 2019 were collected, including 7231 patients with NDDs (as case group) and 9663 patients without any NDDs (as control group). The information of social demographic data, admission source, reasons for admission, outcomes, LOS, and cost were extracted and analysed.

結果:

NDDs患者の平均入院年齢は65歳以上(ピークは70~89歳)。対照群と比較して、症例群はLOSが長く、費用も高く、2010年から2019年にかけてNDD患者数は年々増加していた。LOSは短縮する一方でコストは増加した。臨床的特徴がLOSとコストに影響を与えた。主な入院理由として感染症、血圧異常、水-電解質恒常性のアンバランスを訴える患者は減少したが、心臓疾患、脳血管事故、精神疾患が大幅に増加し、骨折・外傷の全体的な変化傾向は安定していた。在宅医療への退院率と死亡率は低下したが、他の医療施設や地域の施設への退院率は10年間で増加した。

RESULT: The average hospitalisation age of the patients with NDDs is over 65 years (peak age 70-89 years). Compared with the control group, the case group had a longer LOS and a higher cost and the numbers of patients with NDDs increased yearly from 2010 to 2019. The LOS shortened while the cost increased. Clinical features affected LOS and cost. Patients suffering from infection, abnormal blood pressure and the imbalance of water-electrolyte homoeostasis as main reasons for admission were decreased; however, heart disease, cerebrovascular accident and mental diseases were significantly increased, the overall change trend of fracture/trauma remained stable. The rate of discharge to home care and mortality declined; discharge to other medical or community facilities increased over 10 years.

結論:

NDDs患者の大半は高齢者の傾向にあった。2010年から2019年までの10年間で、NDDs患者数は年々増加し、LOSは短くなり、費用は徐々に増加する傾向にありました。また、入院の主な理由や転帰についても異なる傾向が見られた。

CONCLUSION: The majority of NDDs patients tended to be older. During the last 10 years from 2010 to 2019, the numbers of NDDs patients increased yearly, the trend of LOS became shortening and the cost gradually increasing. The main reasons of admission and outcomes of hospital showed different trends.

© 2020 John Wiley & Sons Ltd.