国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

リッチーのパルプ組織から抽出したタウマチン類似タンパク質の構造解析と炎症活性の評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Agric. Food Chem..2020 Jun;68(23):6439-6447. doi: 10.1021/acs.jafc.0c01320.Epub 2020-06-01.

リッチーのパルプ組織から抽出したタウマチン類似タンパク質の構造解析と炎症活性の評価

Structural Characterization and Pro-inflammatory Activity of a Thaumatin-Like Protein from Pulp Tissues of .

  • Huifang Chen
  • Kai Wang
  • Hang Xiao
  • Zhuoyan Hu
  • Lei Zhao
PMID: 32412750 DOI: 10.1021/acs.jafc.0c01320.

抄録

本研究の目的は、ライチのパルプ組織からタンパク質を抽出・精製し、その構造と抗炎症活性を評価することであった。その結果、ナノLC-MS/MSにより高純度のリッチー蛋白質がリッチータウマチン様蛋白質(LcTLP)として同定され、LcTLP遺伝子のシークエンスにより確認された。分子量は24kDaで、主な二次構造はβシート(33.00±2.86%)であった。小角X線散乱の結果、LcTLPは、溶液中では内部が近く、表面が粗い球状粒子(直径約140〜165nm)であった。プロ炎症活性のアッセイでは、誘導性一酸化窒素合成酵素およびシクロオキシゲナーゼ-2遺伝子の発現は、200μg/mLのLcTLP刺激後に9.71±0.64および7.05±1.00に達し、それぞれブランクコントロールの7.05倍および9.61倍であった。LcTLPは、腫瘍壊死因子αやインターロイキン-1βなどの炎症性サイトカインの遺伝子発現や産生を促進し、核内因子κBシグナル伝達経路の主要な構成要素であるp65の発現を増強した。さらに、LcTLP刺激後には、抗炎症性サイトカインであるインターロイキン-10とトランスフォーミング成長因子-β1のレベルが上昇しました。

The objective of this study was to extract and purify proteins from the pulp tissues of litchi and evaluate their structure and pro-inflammatory activity. The results showed that a highly pure litchi protein was identified as the litchi thaumatin-like protein (LcTLP) by nano LC-MS/MS and verified by sequencing of the LcTLP gene. The molecular weight was 24 kDa, and the main secondary structure was a β sheet (33.00 ± 2.86%). Small-angle X-ray scattering results showed that LcTLP was a spherical particle (diameter of approximately 140 to 165 nm) with a close internal and rough surface in solution. The assay of pro-inflammatory activity revealed that the expression of inducible nitric oxide synthase and cyclooxygenase-2 genes reached 9.71 ± 0.64 and 7.05 ± 1.00 after 200 μg/mL LcTLP stimulation, which were 7.05-fold and 9.61-fold that of the blank control, respectively. LcTLP promoted the gene expression and production of pro-inflammatory cytokines, including tumor necrosis factor-α and interleukin-1β, and it also enhanced the expression of p65, which is a key component of nuclear factor-κ B signaling pathways. Additionally, the levels of anti-inflammatory cytokines interleukin-10 and transforming growth factor-β1 increased after LcTLP stimulation.