国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

フランス領ギアナにおける心筋症の病因学的および形態学的スペクトル:レトロスペクティブ研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Open Heart.2020 05;7(1). e001206. doi: 10.1136/openhrt-2019-001206.

フランス領ギアナにおける心筋症の病因学的および形態学的スペクトル:レトロスペクティブ研究

Aetiological and morphological spectrum of cardiomyopathies in French Guiana: a retrospective study.

  • Paul Leménager
  • Yves-Kenol Franck
  • Florine Corlin
  • Nicolas Bouscaren
  • Mathieu Nacher
  • Antoine Adenis
PMID: 32404486 PMCID: PMC7228657. DOI: 10.1136/openhrt-2019-001206.

抄録

序論:

心筋症は、形態と病因の点で異質な心臓疾患群である。熱帯特異性を仮定し、フランス領ギアナでのデータがないことを考慮して、カイエンヌ総合病院で観察された心筋症の形態と病因を説明することが本研究の主な目的であった。

INTRODUCTION: Cardiomyopathies are a heterogeneous heart diseases group in terms of morphology and aetiology. Hypothesising a tropical specificity and given an absence of data in French Guiana, the primary objective of our study was to describe morphologies and aetiologies of cardiomyopathies observed at Cayenne General Hospital.

方法:

カイエン病院において、2009年1月1日から2014年6月1日までの間、病院データベースを用いて横断的研究を実施した。研究期間中に発見された最初の経胸腔超音波検査に基づき、欧州心臓病学会(ESC)の定義を有する患者のみを対象とした。医療ファイルを参照した。

METHODS: A cross-sectional study was conducted in Cayenne Hospital from 1 January 2009 to 1 June 2014 in the hospital database. Only patients with the definition of the European Society of Cardiology (ESC) were included, based on the first transthoracic ultrasonography found during the study period. Medical files were consulted.

結果:

182人の患者が含まれ、心臓病のうち心筋症の有病率は4.3%(95%CI 3.7%~4.9%)と推定された。12人の患者に家族性または遺伝性の病因があり(6.6%)、170人に非家族性または非遺伝性の病因があった(93.4%)。形態学的スペクトルは、拡張型が114例(62.6%)、肥大型が27例(14.8%)、未分類が1例(0.5%)、分類不能が13例(7.1%)であった。このグループは、収縮期および/または拡張期の機能障害を有し、形態学的異常を伴わない患者で構成されていた。病因は184例であった。70.9%が不明、8.7%が感染性(6.5%がシャーガ性、0.5%がヒト免疫不全ウイルス関連)、6.0%が毒素性であった。

RESULTS: With 182 patients included, the prevalence of cardiomyopathies among heart diseases was estimated at 4.3% (95% CI 3.7% to 4.9%). Twelve patients had a familial or genetic aetiology (6.6%) and 170 a non-familial or non-genetic aetiology (93.4%). The morphological spectrum was: dilated for 114 patients (62.6%), hypertrophic for 27 (14.8%), unclassified for 1 (0.5%) and non-classifiable for 13 (7.1%). This group was constituted of patients with a systolic and/or diastolic functional impairment without morphological abnormality. The aetiological spectrum found 184 aetiologies including: 70.9% undetermined, 8.7% infectious (with 6.5% chagasic and 0.5% related with human immunodeficiency virus) and 6.0% with toxins.

結論:

心筋症は一般的で重篤な臨床問題である。感染性の病因の頻度と拡張障害は、熱帯特有の心筋症であることを証明するものである。しかし、原因不明の心筋症が圧倒的に多いことは、さらなる研究プログラムの開発を正当化するものである。

CONCLUSIONS: Cardiomyopthies are a common and severe clinical problem. The frequency of infectious aetiologies and dilated impairment are arguments for cardiomyopathies with tropical particularities. However, the preponderance of undetermined aetiologies justifies the development of further research programmes.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.