会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

アンデスの深層人口史の古生物学的再構築 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cell.2020 May;181(5):1131-1145.e21. S0092-8674(20)30477-3. doi: 10.1016/j.cell.2020.04.015.Epub 2020-05-07.

アンデスの深層人口史の古生物学的再構築

A Paleogenomic Reconstruction of the Deep Population History of the Andes.

  • Nathan Nakatsuka
  • Iosif Lazaridis
  • Chiara Barbieri
  • Pontus Skoglund
  • Nadin Rohland
  • Swapan Mallick
  • Cosimo Posth
  • Kelly Harkins-Kinkaid
  • Matthew Ferry
  • Éadaoin Harney
  • Megan Michel
  • Kristin Stewardson
  • Jannine Novak-Forst
  • José M Capriles
  • Marta Alfonso Durruty
  • Karina Aranda Álvarez
  • David Beresford-Jones
  • Richard Burger
  • Lauren Cadwallader
  • Ricardo Fujita
  • Johny Isla
  • George Lau
  • Carlos Lémuz Aguirre
  • Steven LeBlanc
  • Sergio Calla Maldonado
  • Frank Meddens
  • Pablo G Messineo
  • Brendan J Culleton
  • Thomas K Harper
  • Jeffrey Quilter
  • Gustavo Politis
  • Kurt Rademaker
  • Markus Reindel
  • Mario Rivera
  • Lucy Salazar
  • José R Sandoval
  • Calogero M Santoro
  • Nahuel Scheifler
  • Vivien Standen
  • Maria Ines Barreto
  • Isabel Flores Espinoza
  • Elsa Tomasto-Cagigao
  • Guido Valverde
  • Douglas J Kennett
  • Alan Cooper
  • Johannes Krause
  • Wolfgang Haak
  • Bastien Llamas
  • David Reich
  • Lars Fehren-Schmitz
PMID: 32386546 PMCID: PMC7304944. DOI: 10.1016/j.cell.2020.04.015.

抄録

中南部アンデスの人口史、特にモチェ、ワリ、ティワナク、インカなどの大規模社会の影響については未解明の点が多い。我々は、約9,000~500年前(BP)からの89人の全ゲノムデータを収集し、特に国家社会の興亡期に注目した。現在の遺伝子構造は、5,800年前に発達し始め、北高地と南高地、高地と海岸の間で双方向の遺伝子の流れが生じた。ティワナクやインカの中心地ではコスモポリタニズム(多様な祖先を持つ人々が並んで生活していた)が見られますが、約2,000〜500BPの間には近隣集団間の混血はほとんど見られませんでした。また、アンデスとアルゼンチン、北西アンデスとアマゾン盆地を結ぶ長距離移動の事例も明らかにした。ビデオの概要。

There are many unanswered questions about the population history of the Central and South Central Andes, particularly regarding the impact of large-scale societies, such as the Moche, Wari, Tiwanaku, and Inca. We assembled genome-wide data on 89 individuals dating from ∼9,000-500 years ago (BP), with a particular focus on the period of the rise and fall of state societies. Today's genetic structure began to develop by 5,800 BP, followed by bi-directional gene flow between the North and South Highlands, and between the Highlands and Coast. We detect minimal admixture among neighboring groups between ∼2,000-500 BP, although we do detect cosmopolitanism (people of diverse ancestries living side-by-side) in the heartlands of the Tiwanaku and Inca polities. We also highlight cases of long-range mobility connecting the Andes to Argentina and the Northwest Andes to the Amazon Basin. VIDEO ABSTRACT.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.