会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

南イタリアの非成人の認知健康。卓越した長寿の横断的、家庭ベースのパイロット研究(Cilento Initiative on Aging Outcomes or CIAO)からの記述的分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicina (Kaunas).2020 May;56(5). E218. doi: 10.3390/medicina56050218.Epub 2020-05-05.

南イタリアの非成人の認知健康。卓越した長寿の横断的、家庭ベースのパイロット研究(Cilento Initiative on Aging Outcomes or CIAO)からの記述的分析

Cognitive Health of Nonagenarians in Southern Italy: A Descriptive Analysis from a Cross-Sectional, Home-Based Pilot Study of Exceptional Longevity (Cilento Initiative on Aging Outcomes Or CIAO).

  • Vincenzo Pizza
  • Paola Antonini
  • Rosella Marino
  • Giovanni D'Arena
  • Serena Grazia Lucibello
  • Marianna Rizzo
  • David A Brenner
  • Dilip V Jeste
  • Salvatore Di Somma
PMID: 32380778 PMCID: PMC7279440. DOI: 10.3390/medicina56050218.

抄録

非高齢者およびセンテナリアン(NC)は、特に身体機能および認知機能に関して非常に脆弱な集団である。本研究の目的は、例外的な長寿に関連するポジティブな心理的特徴に関する初期仮説を提示したイタリア南部のCilento Initiative on Aging Outcomes (CIAO)パイロット研究から、29人のNCsとその50~75歳の若年同居者49人の神経認知プロファイルを定義することであった。家庭訪問では、特定の質問票を用いた生活習慣情報、機能的自律性、神経心理学的ミニ・メンタル・スケール検査(MMSE)、アルツハイマー病評価尺度認知(ADAS-Cog)が、資格を持った研究員によって取得された。また、酸素代謝物の反応性誘導体(d-ROM)および生物学的抗酸化力(BAP)を測定することにより、全血中酸化力を測定した。また、全個体において、APOE遺伝子型の測定も行った。 両群の被験者はいずれも地中海式食事療法の高いアドヒアランスを示した。NCのいずれも重度の認知障害を有しておらず、認知症の発症率は非常に低かった。Activities ed Instrumental Activities of Daily Living (ADL-IADL)スケールで得られたデータから、大多数のNC(16/29)が日常生活活動において自律的であることが示された。NCと同居者の比較評価では、酸化ストレスとAPOE遺伝子型の実験室評価に有意差は認められなかった。 南イタリアのチレント地方では、50~65歳の若年同居者と比較しても、酸化ストレスマーカーやAPOE遺伝子型に有意な差はなく、NCは良好な認知状態を示していた。これらの結果は、地中海式食生活の最適な遵守と関連している可能性があるが、他の生活習慣因子やポジティブな性格特性も健康的な老化に寄与している可能性がある。このパイロット研究の結果を確認するためには、より大規模な集団を対象としたさらなる研究が必要である。

Nonagenarians and centenarians (NCs) are an extremely fragile population, particularly in regard to their physical and cognitive function. The aim of this study was to define the neurocognitive profiles among 29 NCs and their 49 younger cohabitants aged 50-75 years from The Cilento Initiative on Aging Outcomes (CIAO) Pilot study in the South of Italy that had provided initial hypotheses regarding positive psychological traits related to exceptional longevity. : During the home visits, lifestyle information with specific questionnaires, functional autonomy and the neuropsychological Mini Mental Scale Examination (MMSE), and the Alzheimer's Disease Assessment Scale-Cognitive (ADAS-Cog) scale were obtained by qualified study personnel. The total blood oxidative capacity was also determined by testing the reactive derivative of oxygen metabolites (d-ROM) and by the Biological Antioxidant Potential (BAP). In all individuals, the APOE genotype determination was also performed. : All the subjects in both groups showed high adherence to the Mediterranean Diet. None of the NCs had severe cognitive impairment, and a very low incidence of dementia was found. The data obtained on the Activities ed Instrumental Activities of Daily Living (ADL-IADL) scale showed that the majority of NCs (16/29) were autonomous in daily life activities. The comparative assessment of NCs and cohabitants showed no significant differences in the laboratory assessment of oxidative stress and APOE genotype. In the Cilento Region of Southern Italy, NCs seemed to have good cognitive status when compared to younger cohabitants aging 50-65 years without significant differences in oxidative stress markers or APOE genotype. These results might be related to optimal adherence to the Mediterranean diet, although other lifestyle factors and positive personality traits may also contribute to their healthy aging. Further studies on a larger population should be performed to confirm the results of this pilot study.