国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

喉頭咽頭および胃食道逆流症に対する経験的抗還流治療の効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sisli Etfal Hastan Tip Bul.2020;54(1):29-35. MBSEH-54-29. doi: 10.14744/SEMB.2018.55632.Epub 2020-03-24.

喉頭咽頭および胃食道逆流症に対する経験的抗還流治療の効果

The Effects of Empiric Antireflux Treatment on Laryngopharyngeal and Gastroesophageal Reflux Disease.

  • Semra Külekçi
  • Çiğdem Kalaycık Ertugay
  • Sema Zer Toros
PMID: 32377130 PMCID: PMC7192262. DOI: 10.14744/SEMB.2018.55632.

抄録

目的:

本研究は,経験的ランソプラゾール療法が喉頭咽頭(LPR)および胃食道(GOR)逆流症状および喉頭学的所見に及ぼす影響を検討することを目的としている。

Objectives: This study aims to investigate the effects of empiric lansoprazol therapy on laryngopharyngeal (LPR) and gastroesophageal (GOR) reflux symptoms and laryngological findings.

方法:

本研究では、LPR関連症状が疑われる67名の患者を対象に、プロスペクティブな解析を行った。LPR症状問診票を用いて、のどの痛み、のどの灼熱感、のどすっきり感、球状感、咳、口臭、発声困難、嚥下困難、鼻水後垂れ、声帯疲労、痰の11項目の症状を尋ねた。GORの症状は12の症状からなるFrequency Scale for the Symptoms of Gastroesophageal Reflux Disease (FSSG) questionnaireで評価した。喉頭後面、arytenoid、interarytenoid領域を70°内視鏡で評価した。喉頭徴候を調べるために、紅斑、浮腫、結節を4段階の重症度尺度を用いて個別に評価した。全患者にランソプラゾール30mgを1日1回4週間投与した。投薬終了後,再度同じ方法で症状と喉頭徴候を評価した.治療前と治療後の値を統計解析で比較した。

Methods: Sixty-seven patients with suspected LPR related symptoms were prospectively analyzed in this study. Following eleven symptoms were asked to patients using LPR symptom questionnaire; sore throat, throat burning, throat clearing, globus sensation, cough, halitosis, dysphonia, dysphagia, postnasal dripping, vocal fatigue and sputum. GOR symptoms were evaluated with the Frequency Scale for the Symptoms of Gastroesophageal Reflux Disease (FSSG) questionnaire consist of twelve symptoms. Posterior larynx, arytenoids and interarytenoid area were evaluated with a 70° endoscope. Erythema, edema and nodularity were graded separately using 4 point severity scale to examine laryngeal signs. All patients were treated using 30 mg lansoprazole once daily for four weeks. After the end of medication, symptoms and laryngoscopic signs were evaluated again with the same method. The pretreatment and posttreatment values were compared with statistical analyses.

結果は以下の通りであった。:

LPR症状スコアとFSSGの総スコアに統計学的に有意な減少が認められた。後喉頭、喉頭結節、喉頭間部の結節の重症度は治療後に改善した。各領域喉頭の紅斑には統計学的に有意な差はなかった。後喉頭,喉頭間部の浮腫は改善したが,無水晶体部の浮腫には変化がなかった.

Results: There was a statistically significant decrease in LPR symptom scores and total scores of FSSG. The severity of nodularity in the posterior larynx, arytenoids and interarytenoid area was improved after treatment. There was no statistically significant difference in erythema on each area larynx. Edema in the posterior larynx and interarytenoid area was improved but there was no change on the edema of arytenoids.

結論:

経験的な逆流防止治療を短期間行うと、すべてのLPR症状とGOR症状の大部分に対して有意な改善効果がある。しかし、喉頭徴候については不十分であった。症状と徴候を完全に解決するためには、より長い期間の治療を検討するためにさらなる研究が必要である。

Conclusion: A short period of empiric antireflux treatment has a significant improving effect on all LPR symptoms and most of GOR symptoms. However, it was insufficient on laryngeal signs. Further research is needed to investigate longer times of treatment for the complete resolution of symptoms and signs.

Copyright: © 2020 by The Medical Bulletin of Sisli Etfal Hospital.