国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

アンデス山脈のヒョウイグアナ()の咬合力と咬合耐久性に及ぼす温度の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Exp. Biol..2020 Jun;223(Pt 12). jeb221382. doi: 10.1242/jeb.221382.Epub 2020-06-16.

アンデス山脈のヒョウイグアナ()の咬合力と咬合耐久性に及ぼす温度の影響

Impact of temperature on bite force and bite endurance in the leopard iguana () in the Andes Mountains.

  • Nadia Vicenzi
  • Alejandro Laspiur
  • Paola L Sassi
  • Rubén Massarelli
  • John Krenz
  • Nora R Ibargüengoytía
PMID: 32366690 DOI: 10.1242/jeb.221382.

抄録

外生動物では、気温が生理的・生態学的形質の性能に強い影響を与えている。気温上昇が動物に与える影響や気候変動に対処する能力を理解するための一つのアプローチとして、熱に敏感な形質の変化を定量化することが挙げられる。本研究では、アルゼンチンのメンドーサ州の固有種である攻撃的で縄張り意識の強いトカゲの熱生物学、温度依存性、咬む力(耐久性と大きさ)の熱可塑性を調べた。その結果、このトカゲは環境中の岩石を主な熱源とする中等度の熱調節器のように振る舞っていることが明らかになった。咬合耐久性は頭部形態や体温の影響を受けなかったが、咬合力は頭部の長さや顎の長さの影響を受け、熱依存性を示した。熱順化処理前は体温が最も低い時に最大咬合力が発生し,体温の上昇とともに急激に低下した。熱順化処理後は体温が高いほど咬合力が大きくなった。咬合力は表現型の可塑性を示しており、ヒョウイグアナは温度上昇下でも咬合力を維持(改善)することができることが明らかになった。

In ectotherms, temperature exerts a strong influence on the performance of physiological and ecological traits. One approach to understanding the impact of rising temperatures on animals and their ability to cope with climate change is to quantify variation in thermal-sensitive traits. Here, we examined the thermal biology, temperature dependence and thermal plasticity of bite force (endurance and magnitude) in , an aggressive and territorial lizard endemic to Mendoza province, Argentina. Our results indicate that this lizard behaves like a moderate thermoregulator that uses the rocks of its environment as the main heat source. Bite endurance was not influenced by head morphometry and body temperature, whereas bite force was influenced by head length and jaw length, and exhibited thermal dependence. Before thermal acclimation treatments, the maximum bite force for occurred at the lowest body temperature and fell sharply with increasing body temperature. After acclimation treatments, lizards acclimated at higher temperatures exhibited greater bite force. Bite force showed phenotypic plasticity, which reveals that leopard iguanas are able to maintain (and even improve) their bite force under a rising-temperature scenario.

© 2020. Published by The Company of Biologists Ltd.