会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

HIV-1サブタイプC逆転写酵素阻害のための天然物スクリーニングのためのシュードウイルスアッセイ法の開発と評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Ethnopharmacol.2020 Aug;258:112931. S0378-8741(20)30780-7. doi: 10.1016/j.jep.2020.112931.Epub 2020-04-30.

HIV-1サブタイプC逆転写酵素阻害のための天然物スクリーニングのためのシュードウイルスアッセイ法の開発と評価

Development of a pseudovirus assay and evaluation to screen natural products for inhibition of HIV-1 subtype C reverse transcriptase.

  • Lufuno Grace Mavhandu
  • Hua Cheng
  • Yeou-Cheng Bor
  • Denis Manga Tebit
  • Marie-Louise Hammarskjold
  • David Rekosh
  • Pascal Obong Bessong
PMID: 32360797 DOI: 10.1016/j.jep.2020.112931.

抄録

文化人類学的変化:

薬用植物は、ヒト免疫不全ウイルスや後天性免疫不全症候群(HIV/AIDS)の管理に利用されており、HIV-1サブタイプCの流行を牽引している多くの開発途上国では、HIV/AIDSの管理に利用されています。抗HIV特性を有する植物由来の分子を同定するための努力は、選択された植物化合物のルーチンスクリーニングのための再現性のあるアッセイシステムを必要とする。感染性、複製性または再現性を評価するために多くの標準化されたHIV-1シュードウイルスが生成されているが、HIV-1サブタイプC(HIV-1-C)シュードウイルスは、阻害性植物物質を同定するために包括的に特徴付けられていない。

ETHNOPHARMACOLOGICAL RELEVANCE: Medicinal plants are used in the management of Human Immunodeficiency Virus and Acquired Immunodeficiency Syndrome (HIV/AIDS) in many developing country settings where HIV-1 subtype C drives the epidemic. Efforts to identify plant derived molecules with anti-HIV properties require reproducible assay systems for routine screening of selected plant compounds. Although a number of standardized HIV-1 pseudoviruses have been generated to assess infectivity, replicability or reproducibility, HIV-1 subtype C (HIV-1-C) pseudoviruses have not been comprehensively characterized to identify inhibitory plant substances.

研究の目的:

本研究では、HIV-1-Cシュードウイルスアッセイ法の開発と、逆転写酵素(RT)活性を標的とした植物物質の評価を目的とした。

AIM OF THE STUDY: The current study aimed at developing an HIV-1-C pseudovirus assay, and evaluate plant substances targeting reverse transcriptase (RT) activity.

材料と方法:

ルシフェラーゼレポーター遺伝子を含むHIV-1サブタイプCシュードウイルスをヒト293T細胞へのトランスフェクションにより作製した。HIV-1サブタイプB(HIV-1-B)野生型シュードウイルスおよびヌクレオシドおよび非ヌクレオシドRT阻害剤に対する耐性を有する変異体もまた生成され、対照として使用された。選択された植物物質およびRT阻害剤ジドブジン(AZT)およびネビラピン(NVP)を、阻害性を評価するために使用した。偽ウイルス感染性は、CF2/CD4/CCR5細胞におけるルシフェラーゼ測定により決定し、細胞毒性はMTTアッセイを用いて決定した。AZTとNVPは野生型シュードウイルスを用量依存的に阻害し、IC値はナノモルの範囲であった。

MATERIALS AND METHODS: HIV-1 subtype C pseudoviruses containing a luciferase reporter gene were generated by transfection of human 293T cells. HIV-1 subtype B (HIV-1-B) wild type pseudoviruses and mutants resistant to nucleoside and non-nucleoside RT inhibitors were also generated and used as controls. Selected plant substances and the RT inhibitors Zidovudine (AZT) and Nevirapine (NVP), were used to evaluate inhibition. Pseudovirus infectivity was determined by luciferase measurement in CF2/CD4/CCR5 cells, and cytotoxicity was determined using the MTT assay. AZT and NVP inhibited wild type pseudoviruses in a dose dependent manner, with IC values in the nanomolar range.

結果:

RT薬剤耐性変異を有する偽ウイルスはAZTおよびNVPでは抑制されなかった。Peltophorum africanumから得られたカテキンは,HIV-1-CおよびHIV-1-B偽ウイルスに対して,それぞれ6304μM(IC:0.49μM,CC:3089μM)および1343μM(IC:2.3×3BC;M,CC:3089×3BC;M)の選択指標で阻害した。3μM, CC:3089μM);一方、Elaeodendron transvaalenseのメタノール根粗抽出物は、それぞれ11.11μg/ml及び16.86μg/mlのIC値を与えた。

RESULTS: Pseudoviruses harbouring RT drug resistance mutations were poorly suppressed by AZT and NVP. Catechin, obtained from Peltophorum africanum inhibited HIV-1-C and HIV-1-B pseudoviruses with selective indices of 6304 μM (IC: 0.49 μM, CC: 3089 μM) and 1343 μM (IC: 2.3 μM, CC: 3089 μM), respectively; while the methanol root crude extract of Elaeodendron transvaalense gave IC values of 11.11 μg/ml and 16.86 μg/ml, respectively.

結論:

開発したHIV-1-Cシュードウイルスアッセイは、RT阻害のための植物物質をスクリーニングするために使用することができ、高レベルのバイオセーフティ施設へのアクセスが限られている環境で有用である可能性があります。

CONCLUSION: The developed HIV-1-C pseudovirus assay can be used to screen plant substances for RT inhibition, and may have utility in settings with limited access to high level biosafety facilities.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.