会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

移植後の膜性腎症とHLAタイピングと自己免疫の関連。多施設共同症例シリーズ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am. J. Kidney Dis..2020 Apr;S0272-6386(20)30534-5. doi: 10.1053/j.ajkd.2020.01.009.Epub 2020-04-28.

移植後の膜性腎症とHLAタイピングと自己免疫の関連。多施設共同症例シリーズ

Association of HLA Typing and Alloimmunity With Posttransplantation Membranous Nephropathy: A Multicenter Case Series.

  • Ibrahim Batal
  • Elena-Rodica Vasilescu
  • Darshana M Dadhania
  • Aidoud Abderrahmane Adel
  • S Ali Husain
  • Rupali Avasare
  • Geo Serban
  • Dominick Santoriello
  • Pascale Khairallah
  • Ankita Patel
  • Michael J Moritz
  • Eva Latulippe
  • Julie Riopel
  • Karim Khallout
  • Sidney J Swanson
  • Andrew S Bomback
  • Sumit Mohan
  • Lloyd Ratner
  • Jai Radhakrishnan
  • David J Cohen
  • Gerald B Appel
  • Michael B Stokes
  • Glen S Markowitz
  • Surya V Seshan
  • Sacha A De Serres
  • Nicole Andeen
  • Alexandre Loupy
  • Krzysztof Kiryluk
  • Vivette D D'Agati
PMID: 32359820 DOI: 10.1053/j.ajkd.2020.01.009.

抄録

移植後膜性腎症(MN)は、腎移植のまれな合併症であり、再発性またはde novoに分類される。移植後MNの臨床的、病理学的、免疫遺伝学的特徴、およびde novo型と再発型の違いはよく理解されていない。

RATIONALE & OBJECTIVES: Posttransplantation membranous nephropathy (MN) represents a rare complication of kidney transplantation that can be classified as recurrent or de novo. The clinical, pathologic, and immunogenetic characteristics of posttransplantation MN and the differences between de novo and recurrent MN are not well understood.

研究デザイン:

多施設共同症例シリーズ。

STUDY DESIGN: Multicenter case series.

北米および欧州の5つの医療センターから、腎移植後のMN患者77例(初発27例、再発50例)を対象とした。本来の腎臓にMNを有し、腎移植を受けたが再発しなかった患者を非再発対照とした(n=43)。移植後のMNの理解を深めるために、de novo MNと再発MNを比較し、再発MNと非再発コントロールを対照とした。

SETTING & PARTICIPANTS: We included 77 patients from 5 North American and European medical centers with post-kidney transplantation MN (27 de novo and 50 recurrent). Patients with MN in the native kidney who received kidney allografts but did not develop recurrent MN were used as nonrecurrent controls (n = 43). To improve understanding of posttransplantation MN, we compared de novo MN with recurrent MN and then contrasted recurrent MN with nonrecurrent controls.

研究成果:

再発MNと比較して、de novo MNは原発性MNに分類される可能性が低く(OR、0.04;P<0.001)、抗体を介した拒絶反応の併発が多く(OR、12.0;P<0.001)、移植片生存率が劣っていた(移植片不全のHR、3.2;P=0.007)。HLA-DQ2およびHLA-DR17抗原は、再発MN患者ではde novo MN患者に比べて高頻度であったが、再発MN患者におけるこれらの抗原の頻度は、非再発MN患者のそれと同程度であった。MNに起因する先天性腎不全を有する93例の腎移植レシピエントのうち、レシピエントの年齢が高い(1年ごとのHR、1.03;P=0.02)、レシピエントのHLA-A3抗原(HR、2.5;P=0.003)、ステロイドを使用しない免疫抑制療法(HR、2.84;P<0.001)、および同居血縁移植(HR、1.94;P=0.03)は、MNの再発の予測因子であった。

FINDINGS: Compared with recurrent MN, de novo MN was less likely to be classified as primary MN (OR, 0.04; P < 0.001) and had more concurrent antibody-mediated rejection (OR, 12.0; P < 0.001) and inferior allograft survival (HR for allograft failure, 3.2; P = 0.007). HLA-DQ2 and HLA-DR17 antigens were more common in recipients with recurrent MN compared with those with de novo MN; however, the frequency of these recipient antigens in recurrent MN was similar to that in nonrecurrent MN controls. Among the 93 kidney transplant recipients with native kidney failure attributed to MN, older recipient age (HR per each year older, 1.03; P = 0.02), recipient HLA-A3 antigen (HR, 2.5; P = 0.003), steroid-free immunosuppressive regimens (HR, 2.84; P < 0.001), and living related allograft (HR, 1.94; P = 0.03) were predictors of MN recurrence.

制限事項:

レトロスペクティブな症例シリーズ、疾患の希少性によるサンプル数の制限、データ収集と生検の標準化されていない性質。

LIMITATIONS: Retrospective case series, limited sample size due to rarity of the disease, nonstandardized nature of data collection and biopsies.

結論:

新生MNと再発MNは別の疾患である可能性が高い。新生MNは体液性自己免疫とガードされた転帰と関連している。MN再発の潜在的な素因としては、レシピエントの高齢化、レシピエントのHLA-A3抗原、ステロイドを使用しない免疫抑制療法、同居している近親者の腎臓などが挙げられる。

CONCLUSIONS: De novo and recurrent MN likely represent separate diseases. De novo MN is associated with humoral alloimmunity and guarded outcome. Potential predisposing factors for recurrent MN include recipients who are older, recipient HLA-A3 antigen, steroid-free immunosuppressive regimen, and living related donor kidney.

Copyright © 2020 National Kidney Foundation, Inc. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.