国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

専門的なバイオフィルム除去の目安となるプラーク開示剤。無作為化比較臨床試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Dent Hyg.2020 Aug;18(3):285-294. doi: 10.1111/idh.12442.Epub 2020-05-26.

専門的なバイオフィルム除去の目安となるプラーク開示剤。無作為化比較臨床試験

Plaque disclosing agent as a guide for professional biofilm removal: A randomized controlled clinical trial.

  • Magda Mensi
  • Eleonora Scotti
  • Annamaria Sordillo
  • Raffaele Agosti
  • Stefano Calza
PMID: 32348624 DOI: 10.1111/idh.12442.

抄録

目的:

専門的な機械的プラーク除去におけるバイオフィルム除去のための視覚的ガイドとしてのプラーク開示剤の使用の有効性を、治療後の残存プラーク面積(RPA)の観点から、コンピュータソフトウェア解析を通じて評価すること。

OBJECTIVES: To evaluate through computer software analysis, the efficacy of the use of a plaque disclosing agent as a visual guide for biofilm removal during professional mechanical plaque removal in terms of post-treatment residual plaque area (RPA).

方法:

32名の健康な患者を選び、2つのグループに無作為に割り付け、空気研磨後に超音波インストルメンテーションによる専門的な機械的プラーク除去を行うセッションを(Guided Biofilm therapy-GBT)と、視覚的ガイドとしてのプラーク開示剤の予備塗布を行わない(Control)の2つのグループに行った。残存プラーク面積(RPA)は、歯面全体と歯肉部と冠状部を別々に考慮して、開示剤の再塗布とコンピュータソフトウェア解析により評価しました。

METHODS: Thirty-two healthy patients were selected and randomized in two groups to receive a session of professional mechanical plaque removal with air-polishing followed by ultrasonic instrumentation with (Guided Biofilm therapy-GBT) or without (Control) the preliminary application of a plaque disclosing agent as visual guide. The residual plaque area (RPA) was evaluated through re-application of the disclosing agent and computer software analysis, considering the overall tooth surface and the gingival and coronal portions separately.

結果:

治療法間では統計学的にも臨床的にも有意な差が認められ、GBTでは歯肉面で6.1%(4.1-9.1)対コントロールの12.0%(8.2-17.3)、冠状面で3.5%(2.3-5.2)対9.0%(6-13.1)のRPAが得られ、前者では49.2%(P値=0.018)から後者では60%以上(P値=0.002)へと比例的に減少した。

RESULTS: A statistically and clinically significant difference between treatments is observed, with GBT achieving an RPA of 6.1% (4.1-9.1) vs 12.0% (8.2-17.3) of the Control on the Gingival surface and of 3.5% (2.3-5.2) vs 9.0% (6-13.1) on the Coronal, with a proportional reduction going from 49.2% (P-value = .018) on the former surface to more than 60% (P-value = .002) on the latter.

結論:

プラーク開示剤をプラーク除去のガイドとして適用することは、より良いバイオフィルム除去につながるように思われる。

CONCLUSION: The application of a plaque disclosing agent to guide plaque removal seems to lead to better biofilm removal.

© 2020 John Wiley & Sons A/S. Published by John Wiley & Sons Ltd.