会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

MTHFR多型とプロテインS欠乏症における連続多発性網膜静脈閉塞と一過性の虚血発作 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mol Genet Genomic Med.2020 Jul;8(7):e1273. doi: 10.1002/mgg3.1273.Epub 2020-04-28.

MTHFR多型とプロテインS欠乏症における連続多発性網膜静脈閉塞と一過性の虚血発作

Sequential multiple retinal vein occlusions and transient ischemic attack in MTHFR polymorphism and protein S deficiency.

  • Ahra Cho
  • Sara D Ragi
  • Jin Kyun Oh
  • Jose Ronaldo Lima de Carvalho
  • Joseph Ryu
  • Ber-Yuh Yang
  • Stephen H Tsang
PMID: 32347013 PMCID: PMC7336745. DOI: 10.1002/mgg3.1273.

抄録

背景:

MTHFR(5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素)遺伝子のC677T変異体は、ホモシスチン尿症(OMIM#236250)、神経管欠損症(OMIM#601634)、統合失調症(OMIM#181500)、血栓塞栓症(OMIM#188050)、および血管疾患の感受性の増加と関連している。また、プロテインSの欠乏はトロンビン生成量の減少から血栓塞栓症のリスクの増加と関連している。この報告では、ホモ接合型 MTHFR C677T 変異型とプロテイン S 欠乏症の組み合わせが原因と考えられる多発性網膜静脈閉塞症を呈した患者の症例を紹介する。

BACKGROUND: The C677T variant of the MTHFR (5,10-Methylenetetrahydrofolate reductase) gene is associated with increased susceptibility to homocystinuria (OMIM#236250), neural tube defects (OMIM#601634), schizophrenia (OMIM#181500), thromboembolism (OMIM#188050), and vascular diseases. Protein S deficiency is also associated with an increased risk of thromboembolism from reduced thrombin generation. In this report, we describe the case of a patient who presented with multiple retinal vein occlusions likely caused by an underlying combination of a homozygous MTHFR C677T variant and protein S deficiency.

方法:

網膜中心静脈閉塞症と診断された1名の患者を8年間継続して眼科的に追跡調査した。代謝評価と高凝固度評価のために末梢血液を採取した。遺伝子診断には標的遺伝子シークエンシングを使用した。網膜血管系の検査は、拡張眼底検査、デジタルカラー眼底および超広視野カラー眼底写真撮影、スペクトル領域光干渉断層撮影、およびフルオレセイン血管造影を用いて行った。

METHODS: We performed 8 years of continuous ophthalmic follow-up of one patient diagnosed with central retinal vein occlusion. Peripheral blood was collected for metabolic evaluation and hypercoagulability assessment. Targeted gene sequencing was used for genetic diagnosis. Examination of the retinal vasculature was performed through dilated funduscopic examination, digital color fundus and ultrawide-field color fundus photography, spectral domain optical coherence tomography, and fluorescein angiography.

結果:

追跡期間中に連続的な網膜静脈閉塞と一過性の虚血発作が観察された.PCRによる標的遺伝子配列決定により、ホモ接合型MTHFR C677T変異体が同定された。代謝プロファイルは、低タンパクS活性、高レベルのビタミンB6、LDLコレステロールを示し、高凝固状態と一致していた。高コレステロール血症に対して低用量のアスピリンとアトルバスタチンを処方したところ、それ以上の新生血管化、漏出、静脈閉塞は認められなかった。

RESULTS: Sequential retinal vein occlusions and a transient ischemic attack were observed during the follow-up period. Targeted gene sequencing by PCR identified the homozygous MTHFR C677T variant. The metabolic profile indicated low-protein S activity, high levels of vitamin B6, and LDL cholesterol consistent with her hypercoagulable state. Prescription of low-dose aspirin and atorvastatin for hypercholesterolemia resulted in no further neovascularization, leakage, or vein occlusion.

結論:

MTHFR C677T変異体とプロテインS欠乏症に関連した網膜静脈閉塞症は、切迫した全身性血栓塞栓症エピソードのシグナルとなり、積極的な予防対策が必要である。

CONCLUSION: Retinal vein occlusions associated with the MTHFR C677T variant and protein S deficiency may signal impending systemic thromboembolic episodes and warrant aggressive preventative measures.

© 2020 The Authors. Molecular Genetics & Genomic Medicine published by Wiley Periodicals LLC.