会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

プレベントチタンプレートを用いたコンピュータ支援設計と製造による切削・穿孔ガイドが骨格クラスIIIの不正咬合症の手術精度を向上させる | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Plast. Reconstr. Surg..2020 05;145(5):963e-974e. 00006534-202005000-00024. doi: 10.1097/PRS.0000000000006794.

プレベントチタンプレートを用いたコンピュータ支援設計と製造による切削・穿孔ガイドが骨格クラスIIIの不正咬合症の手術精度を向上させる

Computer-Aided Design and Manufacturing Cutting and Drilling Guides with Prebent Titanium Plates Improve Surgical Accuracy of Skeletal Class III Malocclusion.

  • Kehan Li
  • Jiayang Li
  • Wen Du
  • Chunwei Xu
  • Bin Ye
  • En Luo
PMID: 32332545 DOI: 10.1097/PRS.0000000000006794.

抄録

背景:

本研究の目的は、骨格クラスIIIの不正咬合の矯正に、プレベントチタンプレートを用いたコンピュータ支援設計・製造切削・穿孔ガイドを使用した場合の効果を評価することであった。

BACKGROUND: The aim of this study was to evaluate the effects of the use of computer-aided design and manufacturing cutting and drilling guides with prebent titanium plates for the correction of skeletal class III malocclusion.

方法:

この前向き無作為化比較臨床試験では,骨格クラスIIIの不正咬合を有する患者46名を2群に無作為に割り付けた.患者は、コンピューター支援設計・製造によるプレベントチタンプレートを用いた切削・穿孔ガイドを用いた両顎手術を受けた(実験群)、またはコンピューター支援設計・製造によるスプリントを用いたスプリントを用いた(対照群)。術前および術後の画像データを収集し、Mimics Research 19.0、Geomagic Studio、IBM SPSS Version 21.0を用いて解析した。

METHODS: In this prospective, randomized, controlled clinical trial, 46 patients with skeletal class III malocclusion were randomly assigned into two groups. The patients underwent bimaxillary surgery with computer-aided design and manufacturing cutting and drilling guides with prebent titanium plates (experimental group) or computer-aided design and manufacturing splints (control group). Preoperative and postoperative imaging data were collected and then analyzed using Mimics Research 19.0, Geomagic Studio, and IBM SPSS Version 21.0.

結果:

変形評価および治療後の評価は、すべての患者に対して行われた。実験群では術後合併症が少なかった。顔面基準面との線形差と角度差を比較すると、実験群の方が下顎と円錐体の位置をより正確に再調整していることが明らかになったが、いくつかのランドマークの位置にはまだ小さな調整が必要である。

RESULTS: Deformity evaluation and posttreatment assessment were performed for all patients. The experimental group had fewer postoperative complications. Comparison of the linear and angular differences to facial reference planes revealed more accurate repositioning of the mandible and condyles in the experimental group, although the position of several landmarks still requires small adjustments.

結論:

コンピュータ支援設計とプレベントチタンプレートを使用した切削およびドリルガイドの製造は、合理的な手術精度でセグメントの位置制御を提供し、効果的に骨格クラスIIIの不正咬合を修正した。

CONCLUSION: Computer-aided design and manufacturing cutting and drilling guides with prebent titanium plates effectively corrected skeletal class III malocclusion, providing positional control of segments with reasonable surgical accuracy.

臨床的な質問/証拠レベル:

治療的、II.

CLINICAL QUESTION/LEVEL OF EVIDENCE: Therapeutic, II.