国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

歯周維持療法中の口腔内バイオフィルムに対するトレハロース粉末を用いた歯肉下エアポリッシングの効果:無作為化対照パイロット試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Oral Health.2020 Apr;20(1):123. 10.1186/s12903-020-01111-9. doi: 10.1186/s12903-020-01111-9.Epub 2020-04-22.

歯周維持療法中の口腔内バイオフィルムに対するトレハロース粉末を用いた歯肉下エアポリッシングの効果:無作為化対照パイロット試験

Effects of subgingival air-polishing with trehalose powder on oral biofilm during periodontal maintenance therapy: a randomized-controlled pilot study.

  • Anne B Kruse
  • Rabie Maamar
  • Dodji L Akakpo
  • Johan P Woelber
  • Annette Wittmer
  • Kirstin Vach
  • Petra Ratka-Krüger
  • Ali Al-Ahmad
PMID: 32321490 PMCID: PMC7178568. DOI: 10.1186/s12903-020-01111-9.

抄録

背景:

このパイロット研究は、トレハロースパウダーを使用した歯肉下エアポリッシングと音波スケーリングの効果を比較した大規模な研究の一環として行われました。この微生物学的研究では、10名の参加者から歯肉下のサンプルを採取し、2つの異なる治療法の後の異なる細菌種の生存率を分析し、原理の証明としました。

BACKGROUND: This pilot study was part of a larger study which compared the effect of subgingival air-polishing using trehalose powder with sonic scaling on clinical parameters during supportive periodontal therapy. Within this microbiological part of the investigation subgingival samples were taken from 10 participants to analyze the survival of different bacterial species after the two different treatments as a proof of principle.

方法:

10名の参加者の中から、治療を必要とする隣接していない単根歯2本(PD=5mmで、プロービング時の出血(BOP)または5mm以上の歯)を選択し、音波スケーラーまたはエアポリッシング装置とトレハロースパウダーのいずれかで治療を行った。持続性のあるポケット(PD=4mm、BOP以上4mm)については、3ヶ月後に処理を繰り返した。歯肉下バイオフィルムのサンプルは、ベースライン(BL)、その後、治療の3ヶ月後と6ヶ月後に採取した。細菌数(TBL)を決定した後、単離された細菌をMALDI-TOF-MSで同定した。不成功の場合は、PCRおよび16S rDNAシークエンシングを実施した。

METHODS: In 10 participants two non-adjacent, single-root teeth requiring treatment (PD =5 mm with bleeding on probing (BOP) or > 5 mm) were selected following a split-mouth design and were treated either with a sonic scaler or air-polishing device and trehalose powder. For persistent pockets (PD =4 mm and BOP or > 4 mm), treatment was repeated after 3 months. Subgingival biofilm samples were taken at baseline (BL), subsequently and three and six months after treatment. After determination of the bacterial counts (TBL), isolated bacteria were identified by MALDI-TOF-MS. If unsuccessful, PCR and 16S rDNA sequencing were performed.

結果:

両群ともに、治療直後にはTBLは減少したが、その後は低いレベルにとどまった。このことは、PD、BOPおよびCALに同等の効果を示す臨床パラメータに関する大規模な研究の知見を裏付けるものである。治療直後には、検出された生物種の多様性はソニック群よりも有意に減少した(p=0.03)。グラム陽性嫌気性桿菌の割合は,3ヶ月後には空気研磨群の方が低かった(粉末/音波7%/25.9%,p=0.025).また、この時期のグラム陰性好気性桿菌の減少率は、空気研磨群の方が高かった(空気研磨/ソニック-0.91/-0.23 Log10 cfu/ml、p=0.020)。

RESULTS: In both treatment groups, TBL decreased immediately after treatment remaining at a lower level. This confirms the findings of the larger study regarding clinical parameters showing a comparable effect on PD, BOP and CAL. Immediately after treatment, the diversity of detected species decreased significantly more than in the sonic group (p = 0.03). After 3 months, the proportion of Gram-positive anaerobic rods was lower in the air-polishing group (powder/ sonic 7%/ 25.9%, p = 0.025). Also, there was a greater reduction of Gram-negative aerobic rods for this group at this time (air-polishing/ sonic - 0.91 / -0.23 Log10 cfu/ ml, p = 0.020).

結論:

この研究の限界の範囲内では、エアポリッシングと音波治療は、歯肉下バイオフィルムに対して支持性歯周治療中に同等の効果があるように思われる。

CONCLUSION: Within the limitations of this study air-polishing and sonic treatment seem to have a comparable effect on the subgingival oral biofilm during supportive periodontal treatment.

トライアル登録:

TRIAL REGISTRATION: The study was registered in an international trial register (German Clinical Trial Register number DRKS 00006296) on 10th of June 2015. HTML&TRIAL_ID = DRKS00006296.