国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

膜血漿分離を利用した治療用血漿交換 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin J Am Soc Nephrol.2020 Apr;CJN.12501019. doi: 10.2215/CJN.12501019.Epub 2020-04-20.

膜血漿分離を利用した治療用血漿交換

Therapeutic Plasma Exchange Using Membrane Plasma Separation.

  • Sadiq Ahmed
  • Andre Kaplan
PMID: 32312791 DOI: 10.2215/CJN.12501019.

抄録

治療用血漿交換は、病原性抗体やリポタンパク質などの大きな分子量の毒素を除去するために設計された血液浄化技術です。血漿交換は、膜分離または遠心分離のいずれかによって行うことができます。ドイツや日本では膜分離法が一般的ですが、米国では遠心分離法が一般的です。膜分離技術は、標準的な透析装置で行われる限外ろ過に似ていますが、膜の細孔が十分に大きく、細胞成分を保持しながら循環するすべての分子を除去することができます。CRRTシステムと互換性のある血漿分離膜の現在の利用可能性は、ほぼすべての腎臓内科医がこれらの治療を行う可能性を飛躍的に高めている。このレビューでは、米国で利用可能な膜分離技術、膜分離血漿交換手順の注文および操作の実際的な側面、およびその可能性のある合併症について説明する。

Therapeutic plasma exchange is a blood purification technique designed for the removal of large molecular weight toxins such as pathogenic antibodies and lipoproteins. Plasma exchange can be performed either by membrane separation or centrifugation. Centrifugal plasma exchange is more common in the United States while membrane separation is more popular in Germany and Japan. The membrane separation technique is similar to the ultrafiltration procedures performed with a standard dialysis machine but in which the membrane's pores are large enough to allow removal of all circulating molecules while retaining the cellular components. The current availability of plasma separation membranes compatible with CRRT systems has dramatically increased the potential for almost all nephrologists to perform these treatments. This review describes the membrane separation techniques available in the United States, the practical aspects of ordering and operating a membrane separation plasma exchange procedure and its possible complications.

Copyright © 2020 by the American Society of Nephrology.