会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

植物性医薬品による急性呼吸器感染症の初期治療後の抗生物質使用の減少-a retrospective cohort study | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Postgrad Med.2020 Apr;:1-7. doi: 10.1080/00325481.2020.1751497.Epub 2020-04-20.

植物性医薬品による急性呼吸器感染症の初期治療後の抗生物質使用の減少-a retrospective cohort study

Reduced antibiotic use after initial treatment of acute respiratory infections with phytopharmaceuticals- a retrospective cohort study.

  • David Martin
  • Marcel Konrad
  • Charles Christian Adarkwah
  • Karel Kostev
PMID: 32312131 DOI: 10.1080/00325481.2020.1751497.

抄録

:急性下・上気道呼吸器感染症の初期治療における植物性薬剤の使用と疾患の持続期間、および疾患のさらなる経過における初期治療と抗生物質の使用との関係を検討した...2015年1月から2019年3月までの間に急性呼吸器感染症と診断されたIMS® Disease Analyzerデータベースの外来患者を30日間観察した。診断日に植物性医薬品を処方されていた患者を、そのような処方を受けていなかった対照患者と、治療歴、診断、年齢、性別、保険状況、指標年、およびCharlson併存症スコアでマッチングさせた。診断日に抗生物質の処方を受けていた患者は除外した。ロジスティック回帰を用いて、植物性医薬品の処方、疾患のさらなる経過における抗生物質の処方、および病気休暇の期間との関係を調査した。フィトファーマシューティカルを処方された患者117,182人と、同数の対照群の合計が分析に利用可能であった。フィトセラピューティックは、より少ない抗生物質の処方と関連していた。Pelargonium sidoides根の抽出物(オッズ比(OR)0.49[0.43-0.57])およびタイム抽出物(OR 0.62[0.49-0.76])は、一般開業医による治療を受けた患者において最も強い効果を示したが、Pelargonium sidoides根の抽出物(OR 0.57[0.38-0.84])は、一般開業医による治療を受けた患者において最も強い効果を示した。57[0.38-0.84]、タイム・ツタエキス(OR 0.66[0.60-0.73])、タイム・サクラソウ根エキス(OR 0.67[0.47-0.96])が小児患者に最も効果を示した。植物性医薬品を投与された患者では、病気休暇の長期化リスクが有意に低かった。7日以上の病欠期間のリスクは、シネオール(OR 0.74 [0.63-0.86])およびペラルゴニウム根エキス(OR 0.79 [0.54-0.96])を服用している患者で最も顕著に減少した。急性呼吸器感染症に対する選択された植物性薬剤の使用は、病気のさらなる経過における抗生物質処方の必要性の有意な減少、および病葉の有意な短縮と関連している。

: We examined the relationship between the initial treatment of acute lower and upper tract respiratory infections with phytopharmaceuticals and the duration of the disease as well as between the initial treatment and the use of antibiotics in the further course of the disease.: Outpatients from the IMS® Disease Analyzer database with diagnoses of acute respiratory infections between January 2015 and March 2019 were observed for 30 days. Patients who had been prescribed phytopharmaceuticals on the day of their diagnosis were matched with controls who had not received such prescriptions by treating practice, diagnosis, age, sex, insurance status, index year, and Charlson comorbidity score. Patients antibiotic precriptions on the day of diagnosis were excluded. Logistic regression was used to investigate the relationship between phytopharmaceutical prescription, antibiotic prescription in the further course of the disease, and duration of sick leave.: A total of 117,182 patients who had been prescribed phytopharmaceuticals and an equal number of controls were available for analysis. Phytotherapeutics were associated with fewer antibiotic prescriptions. Extract of Pelargonium sidoides root (odds ratio (OR) 0.49 [0.43-0.57]) and thyme extract (OR 0.62 [0.49-0.76]) exhibited the strongest effect among patients treated by general practitioners, while Pelargonium sidoides root extract (OR 0.57 [0.38-0.84]), thyme and ivy extract (OR 0.66 [0.60-0.73]), and thyme and primrose root extract (OR 0.67 [0.47-0.96]) proved most effective in pediatric patients. Patients receiving phytopharmaceuticals had a significantly lower risk of prolonged periods of sick leave. The risk of sick leave durations of >7 days was most markedly reduced in patients taking cineole (OR 0.74 [0.63-0.86]) and Pelargonium root extract (OR 0.79 [0.54-0.96]).: The use of selected phytopharmaceuticals for acute respiratory infections is associated with a significantly reduced need for antibiotic prescriptions in the further course of the disease, as well as significantly shorter sick leaves.