会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

古典的三叉神経痛の痛みの変化のための鍼灸治療 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Apr;99(16):e19710. 00005792-202004170-00039. doi: 10.1097/MD.0000000000019710.

古典的三叉神経痛の痛みの変化のための鍼灸治療

Electroacupuncture therapy for change of pain in classical trigeminal neuralgia.

  • Jing Sun
  • Rongrong Li
  • Xiaoyu Li
  • Lifang Chen
  • Yi Liang
  • Qifei Zhang
  • Ruohan Sun
  • Hantong Hu
  • Xiaomei Shao
  • Jianqiao Fang
PMID: 32311955 DOI: 10.1097/MD.0000000000019710.

抄録

序論:

古典的三叉神経痛(CTN)は、神経血管の圧迫が原因で起こる三叉神経痛の一種です。カルバマゼピンと呼ばれる一般的な神経学的治療CTN薬が主な対策であるが、通常は副作用があり、再発率も高い。重要な代替療法として、神経障害性疼痛に対して電気鍼治療(EA)が有効であることが示されている。本研究の目的は、CTNに対する電気鍼灸の治療効果と安全性を観察し、CTNの鎮痛においてカルバマゼピンよりも電気鍼灸の方が優れているかどうかを評価することである。さらに、標準化された効果的で簡便なEAの治療プログラムを確立することを目的としている。

INTRODUCTION: Classical trigeminal neuralgia (CTN) is a kind of trigeminal neuralgia which is due to neurovascular compression. The common neurological treatment CTN drug called carbamazepine is the main measure, although it usually has side effects and a high-rate of relapse. As a critical alternative therapy, electroacupuncture (EA) has been shown to benefit for neuropathic pain. The aims of this study are to observe the therapeutic effect and safety of EA for CTN, to evaluate whether EA has the advantage over carbamazepine in the analgesia of CTN. Furthermore, we would to establish a standardized, effective, and convenient therapy program of EA.

方法と分析:

CTNと診断された120名の患者を無作為に割り付け、4週間の介入を行う。介入は4群(EA+カルバマゼピン群、シャムEA+カルバマゼピン群、EA+プラセボ群、シャムEA+プラセボ群)によって異なる。EA療法は、特定のツボに希薄波(2/100"Zs_200A"Hz)で60分間行います。カルバマゼピン錠を1回0.1"Zs_200A"gずつ1日3回経口投与する。シャムEAとプラセボ介入はEAと薬物治療を受けない。主なアウトカムは、6ヶ月時のベースラインの疼痛強度からの変化(ビジュアルアナログスコアによる疼痛評価)と、痛みを総合的に評価するための2週間の短期導入によるベースラインからの変化。データ管理と統計解析は第三者の統計学者が行う。有害事象の発生率を調査する。

METHODS AND ANALYSIS: One hundred twenty patients diagnosed with CTN will be randomized for a 4-week intervention. The interventions will be different according to the four groups (EA + carbamazepine group, sham EA + carbamazepine group, EA + placebo group and sham EA + placebo group). EA therapy will be performed in specific acupoints with a dilute wave (2/100 Hz) for 60 minutes. Carbamazepine tablets will be taken orally with 0.1 g each time, thrice daily. Sham EA and placebo intervention will not receive EA and drug treatment. The main outcomes are the change from baseline intensity of pain at 6 months (pain evaluation by visual analogue score) and the change from baseline brief introduction of 2-week pain to evaluate pain comprehensively. The data management and statistical analysis will be conducted by third party statisticians. Incidence of adverse events will be investigated.

倫理と発信:

浙江中医薬大学第三附属病院臨床試験倫理委員会(NO.ZSLL-KY-2017-033)、嘉興中医薬病院(NO.2018-JZLK-002)より倫理承認を取得しました。今後は、査読付き学術誌での発表により、成果を普及させていく予定です。

ETHICS AND DISSEMINATION: Ethics approval was obtained from the Clinical Trial Ethics Committee of The Third Affiliated Hospital of Zhejiang Chinese Medical University (NO. ZSLL-KY-2017-033) and Jiaxing Hospital of Traditional Chinese Medicine (NO. 2018-JZLK-002). The results will be disseminated by presentation at peer-reviewed journals.