会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

カーペットグラスのアントラクノーズ病 ( ) sp | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Plant Dis..2020 Jun;104(6):1744-1750. doi: 10.1094/PDIS-10-19-2183-RE.Epub 2020-04-14.

カーペットグラスのアントラクノーズ病 ( ) sp

Anthracnose Disease of Carpetgrass () Caused by sp. nov.

  • Wu Zhang
  • Ulrike Damm
  • Pedro W Crous
  • Johannes Z Groenewald
  • Xueli Niu
  • Jinmei Lin
  • Yuting Li
PMID: 32290774 DOI: 10.1094/PDIS-10-19-2183-RE.

抄録

カーペットグラス(Carpetgrass)は、匍匐性の茎葉性多年草で、多湿な熱帯・亜熱帯気候に適応する暖地性の草である。最近、中国南部の海南省と広東省で、正体不明の菌による炭疽病が発生しています。晩冬から春先にかけて、一部のひどく感染した芝生では発病率が100%に達した。高水分環境下では、大部分の植物の冠や古い葉鞘が壊死し、芝全体が赤褐色に変色した。病原性を確認するために,未感染植物に発病植物から分離した本菌の共子菌懸濁液を接種した。また,内接スペーサーと配列を組み合わせた系統解析の結果,本菌は本種複合体の新種であることが明らかになった。顕微鏡検査の結果,本種は近縁種とは形態的にも異なることが明らかになった。これらの系統解析、形態解析、病原性解析の結果、本種は中国華南地域の病原体であることが明らかになった。

Carpetgrass () is a creeping, stoloniferous, perennial warm-season grass that is adapted to humid tropical and subtropical climates. Recently, outbreaks of anthracnose disease of caused by an unidentified sp. were observed in the Hainan and Guangdong provinces in southern China. In late winter and early spring, the disease incidence reached 100% in some badly infected lawns. Under high-moisture conditions, the crowns and oldest leaf sheaths of the majority of the plants became necrotic, which led to whole lawns turning reddish brown. Pathogenicity was confirmed by inoculating uninfected plants with a conidial suspension of the sp. isolated from diseased plants. Phylogenetic analyses of the combined internal transcribed spacer, , , and sequences revealed the pathogen to be a novel species of the species complex. Microscopic examination showed that the species was also morphologically distinct from related species. As a result of the phylogenetic, morphological, and pathogenicity analyses, we propose the name for this pathogen of in southern China.