国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

淡水二枚貝 (Unionidae: Parreysiinae: Coelaturini) の多様化ダイナミクスは、東アフリカ地溝帯全体の歴史的な水路的なつながりを示している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mol. Phylogenet. Evol..2020 Jul;148:106816. S1055-7903(20)30088-9. doi: 10.1016/j.ympev.2020.106816.Epub 2020-04-11.

淡水二枚貝 (Unionidae: Parreysiinae: Coelaturini) の多様化ダイナミクスは、東アフリカ地溝帯全体の歴史的な水路的なつながりを示している

Diversification dynamics of freshwater bivalves (Unionidae: Parreysiinae: Coelaturini) indicate historic hydrographic connections throughout the East African Rift System.

  • Claudia M Ortiz-Sepulveda
  • Björn Stelbrink
  • Xavier Vekemans
  • Christian Albrecht
  • Frank Riedel
  • Jonathan A Todd
  • Bert Van Bocxlaer
PMID: 32289448 DOI: 10.1016/j.ympev.2020.106816.

抄録

無脊椎動物は非常に多様性に富んでいますが、その多くは生息地の人為的な変化のために衰退しています。このような状況は、特にモニタリングが十分に行われていない、あるいは分類学的に十分に理解されていない分類群にとっては、知識の欠如が保全の妨げとなるため、問題となっている。淡水生態系において重要な役割を果たしているにもかかわらず、ウニ科アフリカ二枚貝は、ヨーロッパ、アメリカ、カナダの絶滅の危機に瀕している近縁種に比べて、まだ十分な研究がなされていない。そのため、東アフリカ地溝帯とその周辺地域に生息するウニ科二枚貝を対象に、ブラッツェア(アフリカ南部のウニオ)を除く現在認められているすべてのアフリカ熱帯属の代表者を含む、時間較正を行った系統研究と生物地理学的モデル化を行った。その結果、採取されたすべてのアフロトロピカルウニオイは Coelaturini 属(Parreysiinae亜科)に属し、タンガニーカ湖の Moncetia 属もイリジン科に属することが明らかになった。ユーラシア大陸からアフリカへの植民地化は約17万年前に起こり,その後のアフリカにおけるコエラチュリーニの多様化は一定のペースで続いたが,ニッチやエコリージョンの拡大に伴い,時間の経過とともに純多様化は減少した。Coelaturiniのクラッドは主に流域を反映しており,最も古い系統と地域的多様性が最も高いのはタンガニーカ湖で,次いでコンゴ盆地流域全般である。タンガニーカ湖の種群は、中新世後期または鮮新世前期以降の植民地化と湖沼内での多様化が複数の独立した事象を反映している。マラウイ湖の本種を含む他の地域の種群は比較的新しいものである。生物地理学的解析によると,植民地化の歴史は主にシンパトリーでのクラッド形成に牽引されたが,現代の Coelaturini の分布に寄与するような後発事象はほとんどなかった。祖先の分布域を推定したところ,コエラチュリーニはビクトリアやタンガニーカの生態系に起源を持ち,コンゴ盆地がコエラチュリーニのアフリカ植民地化に重要な役割を果たしたことが明らかになった。

Invertebrates are exceptionally diverse, but many are in decline because of anthropogenic changes to their habitat. This situation is particularly problematic for taxa that are not well monitored or taxonomically poorly understood, because the lack of knowledge hampers conservation. Despite their important functional role in freshwater ecosystems, African bivalves of the family Unionidae remain poorly studied compared to their highly threatened relatives in Europe, the U.S.A. and Canada. To resolve relationships and to study diversification dynamics in space and time, we performed time-calibrated phylogenetic studies and biogeographical modeling on the unionids from the East African Rift System and surroundings, including representatives of all currently recognized Afrotropical genera except for Brazzaea (and Unio from southern Africa). Our analyses indicate that all sampled Afrotropical unionids belong to the tribe Coelaturini (subfamily Parreysiinae), as does the genus Moncetia from Lake Tanganyika, which is currently attributed to the family Iridinidae. Colonization of Africa from Eurasia by Parreysiinae occurred ~17 Ma ago, and the subsequent diversification of Coelaturini in Africa continued at a steady pace, although net diversification decreased over time as more niches and ecoregions became occupied. Clades in Coelaturini largely reflect drainage basins, with the oldest lineages and highest regional diversity occurring in Lake Tanganyika, followed by the Congo Basin watershed in general. The species assemblage of Lake Tanganyika reflects multiple independent events of colonization and intralacustrine diversification since the Late Miocene or Early Pliocene. The clades of other regions, including that containing the species from Lake Malawi, are comparatively young. Biogeographical analyses indicate that the colonization history was mainly driven by cladogenesis in sympatry, whereas few anagenetic events contributed to the modern distribution of Coelaturini. Ancestral range estimations demonstrate that Coelaturini originated in the Victoria and/or Tanganyika ecoregions, and that the Congo Basin played an essential role in the colonization of Africa by Coelaturini.

Copyright © 2020 The Authors. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.