会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

生態学的瞬間評価(EMA)を用いて、男性とセックスする男性(MSM)におけるアルコールに関連したHIVリスク行動のメカニズムを探る | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Addiction.2020 Apr;doi: 10.1111/add.15053.Epub 2020-04-13.

生態学的瞬間評価(EMA)を用いて、男性とセックスする男性(MSM)におけるアルコールに関連したHIVリスク行動のメカニズムを探る

Using ecological momentary assessment (EMA) to explore mechanisms of alcohol-involved HIV risk behavior among men who have sex with men (MSM).

  • Tyler B Wray
  • Peter M Monti
  • Christopher W Kahler
  • John P Guigayoma
PMID: 32281718 DOI: 10.1111/add.15053.

抄録

背景と目的:

飲酒の多さは、男性と性交渉を行う男性(MSM)における HIV 感染の偶発的リスクの増加と関連している。過去の研究では、この関連性は酩酊状態がコンドーム使用を妨げる傾向にあることが示唆されている。しかし、この関係を説明する潜在的な因果関係メカニズムに関する研究は、主に実験室での研究に限られている。本研究では、アルコール使用レベルとHIVリスク行動との関係を説明するいくつかの潜在的なメディエーターを検証した。

BACKGROUND AND AIMS: Heavy drinking is associated with increased risk of incident HIV infection among men who have sex with men (MSM). Past studies suggest that this association may be due to the tendency for intoxication to interfere with condom use. However, research on potential causal mechanisms explaining this relationship has been limited primarily to laboratory studies. In this study, we tested several potential mediators of the relationship between alcohol use level and HIV risk behavior.

デザイン:

30日間にわたって実施された生態学的瞬間評価(EMA)法。

DESIGN: Ecological momentary assessment (EMA) methods conducted over a 30-day period.

設定および参加者/症例:

米国北東部のMSM(n=100)。

SETTING AND PARTICIPANTS/CASES: MSM (n = 100) in the northeastern United States.

測定方法:

参加者は毎日の日記調査と、1日を通して無作為にプロンプトされた最大6つの経験サンプリング調査を完了した。

MEASUREMENTS: Participants completed daily diary surveys and up to six experience sampling surveys randomly prompted throughout the day.

発見事項:

飲酒量が非常に多い(12杯以上)と、あらゆる性行為に従事するオッズが増加した [オッズ比(OR)=1.87、P<0.001]。係数積と95%信頼区間から、主観的な性的覚醒度(OR=1.52、P<0.001)と性の意図(OR=1.74、P<0.001)の両方が、非常に重い飲酒と性のオッズとの関連を有意に媒介していることが示された。参加者がセックスを報告した際、高リスクのコンドームなしアナルセックス(CAS)に従事する確率は、多量飲酒(5~11杯;OR=3.27、P=0.006)と非常に多量飲酒(12杯以上;OR=4.42、P<0.001)の後に漸増的に増加した。アルコール使用レベルと高リスクCASとの関連を有意に仲介したのは主観的な性的覚醒のみであった(OR=1.16、P=0.040)。

FINDINGS: Very heavy levels of drinking (12+ drinks) increased the odds of engaging in any sex [odds ratio (OR) = 1.87, P < 0.001]. Coefficient products and 95% confidence intervals indicated that both subjective sexual arousal (OR = 1.52, P < 0.001) and sex intentions (OR = 1.74, P < 0.001) significantly mediated the association between very heavy drinking and the odds of sex. When participants reported sex, the odds of engaging in high-risk condomless anal sex (CAS) increased incrementally after drinking heavily (five to 11 drinks; OR = 3.27, P = 0.006) and very heavily (12+ drinks; OR = 4.42, P < 0.001). Only subjective sexual arousal significantly mediated the association between alcohol use level and high-risk CAS (OR = 1.16, P = 0.040).

結論:

大量飲酒後の主観的な性的覚醒の増加は、男性とセックスする男性の日常生活におけるアルコールに関連したHIVリスク行動の一部を説明しているように思われる。したがって、動機的に一貫した情動状態を強化するアルコールの役割は、明示的な性的動機よりもアルコールが関与するHIVリスクを促進する上でより重要な役割を果たしている可能性がある。

CONCLUSIONS: Increases in subjective sexual arousal after drinking heavily appear to partly account for alcohol-related HIV risk behaviors in the daily lives of men who have sex with men. Alcohol's role in strengthening motivationally consistent emotional states may therefore play a more important role in facilitating alcohol-involved HIV risk than explicit sexual motivation.

© 2020 Society for the Study of Addiction.