会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

心不全性不整脈症候群を有する知的発達障害の重症兄弟の遺伝的特徴と長期管理について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mol Genet Metab Rep.2020 Jun;23:100582. S2214-4269(20)30028-8. doi: 10.1016/j.ymgmr.2020.100582.Epub 2020-04-06.

心不全性不整脈症候群を有する知的発達障害の重症兄弟の遺伝的特徴と長期管理について

Genetic characterization and long-term management of severely affected siblings with intellectual developmental disorder with cardiac arrhythmia syndrome.

  • Shahram Yazdani
  • Anish Badjatiya
  • Naghmeh Dorrani
  • Hane Lee
  • Wayne W Grody
  • Stanley F Nelson
  • Katrina M Dipple
PMID: 32280589 PMCID: PMC7138921. DOI: 10.1016/j.ymgmr.2020.100582.

抄録

血縁関係のある両親のもとに生まれた重度の全人的認知・運動遅延、皮質視覚障害、シックサイナス症候群を有する2人の兄弟を報告した。標準的な遺伝学的評価では、彼らの精神遅滞の原因は明らかにされなかった。予想通り、染色体マイクロアレイ(CMA)の結果、ホモ接合性の広範囲な領域が明らかになった。エクソームシークエンシングの結果、両男児はGタンパク質β5()遺伝子のナンセンス変異(NM_016194.3:c.1032C>G; Tyr344Ter)のホモ接合体であり、両親はこの変異のキャリアであることが明らかになった。他のDNA変異では、シックサイナスや発達遅延/知的障害を説明するものはなく、他の臨床的パラメータもこの異常な表現型の組み合わせに寄与しているとは考えられなかった。我々の患者の神経学的特徴は、以前に報告された他の亜種の患者のほとんどよりも重度であり、おそらくホモ接合性で完全な機能喪失(ナンセンス/ストップゲイン)の性質を持っているためであり、臨床経過はより長く観察されてきた。

We report two brothers with severe global cognitive and motor delay, cortical visual impairment and sick sinus syndrome who were born to consanguineous parents. Standard genetic evaluations did not reveal the cause of their mental retardation. As expected, chromosomal microarray (CMA) revealed extensive regions of homozygosity. Exome sequencing revealed that both affected boys were homozygous for a nonsense mutation in the G-protein β5 () gene (NM_016194.3:c.1032C > G; Tyr344Ter), and that the parents were carriers of this mutation. No other DNA variants that were explanatory for the sick sinus or the developmental delay/intellectual disability were identified, and no other clinical parameters are likely to have contributed to this unusual combination of phenotypes. The neurologic features of our patients are more severe than those of most of the other patients previously reported with variants, probably because of the homozygous, complete loss-of-function (nonsense/stop-gain) nature of their variant, and their clinical course has been monitored for longer duration.