会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

1997年から2017年までのサハラ以南のアフリカにおけるマラリア対策のための屋内残留噴霧:調整済みレトロスペクティブ分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Malar. J..2020 Apr;19(1):150. 10.1186/s12936-020-03216-6. doi: 10.1186/s12936-020-03216-6.Epub 2020-04-10.

1997年から2017年までのサハラ以南のアフリカにおけるマラリア対策のための屋内残留噴霧:調整済みレトロスペクティブ分析

Indoor residual spraying for malaria control in sub-Saharan Africa 1997 to 2017: an adjusted retrospective analysis.

  • Julie-Anne A Tangena
  • Chantal M J Hendriks
  • Maria Devine
  • Meghan Tammaro
  • Anna E Trett
  • Ignatius Williams
  • Adilson José DePina
  • Achamylesh Sisay
  • Ramandimbiarijaona Herizo
  • Hmooda Toto Kafy
  • Elizabeth Chizema
  • Allan Were
  • Jennifer Rozier
  • Michael Coleman
  • Catherine L Moyes
PMID: 32276585 PMCID: PMC7149868. DOI: 10.1186/s12936-020-03216-6.

抄録

背景:

屋内残留農薬散布(IRS)は、ベクターを標的としたマラリアの制御と駆除のための重要なツールである。効果的な介入戦略の開発を支援するためには、マラリアの発生率と殺虫剤抵抗性の蔓延に及ぼす媒介防除ツールの影響を理解することが重要です。2006年に世界保健機関(WHO)は、各国がIRSの普及率と影響について報告すべきであると述べているが、IRSの普及率のデータはまだまばらであり、特定できていない。ここでは、1997年から2017年までの4つの主要な殺虫剤クラスについて、サハラ以南のアフリカ全域におけるIRSのサブナショナルカバー率を推定した。

BACKGROUND: Indoor residual spraying (IRS) is a key tool for controlling and eliminating malaria by targeting vectors. To support the development of effective intervention strategies it is important to understand the impact of vector control tools on malaria incidence and on the spread of insecticide resistance. In 2006, the World Health Organization (WHO) stated that countries should report on coverage and impact of IRS, yet IRS coverage data are still sparse and unspecific. Here, the subnational coverage of IRS across sub-Saharan Africa for the four main insecticide classes from 1997 to 2017 were estimated.

方法:

IRSの配備に関するデータは、1997年から2017年までのサハラ以南のアフリカのマラリア常在国46カ国すべてについて、大統領マラリアイニシアチブの散布報告書や国家マラリア対策計画の報告書など、さまざまな情報源から照合した。データを該当する行政部門にマッピングし、カルバメート系、有機塩素系、有機リン酸塩系、ピレスロイド系の4つの主要な殺虫剤クラスごとに散布された世帯の割合を算出しました。

METHODS: Data on IRS deployment were collated from a variety of sources, including the President's Malaria Initiative spray reports and National Malaria Control Programme reports, for all 46 malaria-endemic countries in sub-Saharan Africa from 1997 to 2017. The data were mapped to the applicable administrative divisions and the proportion of households sprayed for each of the four main insecticide classes; carbamates, organochlorines, organophosphates and pyrethroids was calculated.

結果:

IRSを実施している国の数は時間の経過とともに大幅に増加しているが、配備の中心的な性質上、保護されている人の数は依然として少ない。1997年から2010年まではDDTとピレスロイドが一般的に使用されていましたが、2011年からはカルバメート系薬剤に、2013年からは有機リン酸系薬剤に一部置き換えられました。耐性管理ガイドラインが公表されてからのIRSの展開は、通常、ピレスロイド系IRSとITNの使用との重複を避けてきた。しかし、作用モードの異なる殺虫剤クラスの年間ローテーションは日常的には使用されていません。

RESULTS: The number of countries implementing IRS increased considerably over time, although the focal nature of deployment means the number of people protected remains low. From 1997 to 2010, DDT and pyrethroids were commonly used, then partly replaced by carbamates from 2011 and by organophosphates from 2013. IRS deployment since the publication of resistance management guidelines has typically avoided overlap between pyrethroid IRS and ITN use. However, annual rotations of insecticide classes with differing modes of action are not routinely used.

結論:

本研究では、政策と実践の間にあるギャップを明らかにし、抵抗性を促進するためのIRSの継続的な可能性を強調しています。ここに示されたデータは、IRSがマラリア発生率に与える影響に関する研究を改善し、将来のマラリア対策の取り組みの指針となる可能性がある。

CONCLUSION: This study highlights the gaps between policy and practice, emphasizing the continuing potential of IRS to drive resistance. The data presented here can improve studies on the impact of IRS on malaria incidence and help to guide future malaria control efforts.