会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

カテゴリーAアレナウイルス感染症対策のための新規技術の特許動向 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Expert Opin Ther Pat.2020 Apr;:1-9. doi: 10.1080/13543776.2020.1755255.Epub 2020-04-20.

カテゴリーAアレナウイルス感染症対策のための新規技術の特許動向

Patent landscape of novel technologies for combating category-A Arenavirus infections.

  • Harshal Sudhakar
  • Jignesh Bhate
  • Asish Kumar Patra
PMID: 32274944 DOI: 10.1080/13543776.2020.1755255.

抄録

:アレナウイルスは、希少疾病に分類される特殊なA分類の病原体である。現在、アレナウイルス科に属するウイルスによって引き起こされるウイルス性出血熱(VHF)を治療するための選択肢は非常に限られています[1]。今回のレビューでは、カテゴリーAに対抗するために開発された技術について、特許の詳細な状況と選択された技術について説明しています。現在、アレナウイルス感染症は流行していますが[2]、これらのウイルスに対する免疫力の欠如や普及のしやすさから、パンデミックを引き起こす可能性があります。選択されたアレナウイルスVHFのキーストリングをMCPaIRS®, PatSeer, Questelデータベースで個別に検索した。検索はタイトル、アブストラクト、クレームの各フィールドに限定されており、解析には特許ファミリーごとに1つのメンバーが考慮されました。合成分子が特許の大半を占めていますが、天然物はアレナウイルス感染症の治療薬としてはあまり主張されていません。広範囲の活性はアレナウイルス治療に強く望まれているが、実験的に試験された報告はほとんどない。年を追うごとに特許公開件数は一定の増加が見られ、2017年には最大の出願件数を記録している。VHFの研究は公的資金によって推進されており、特許の最大出願数は公的資金を提供している団体によって出願されたものである。

: Arenavirus are unique category-A pathogens that are also classified as Orphan diseases. Very few options exist currently for treating Viral Hemorrhagic Fever (VHF) caused by viruses belonging to the Arenaviridae family [1]. The current review provides detailed patent landscape and a description of selected technologies developed for combating category-A . Currently, Arenavirus infections are epidemic [2] but could cause widespread pandemics due to ease of dissemination and lack of immunity against these viruses.: The key strings for selected Arenavirus VHF were run separately in MCPaIRS®, PatSeer, and Questel database. The search was limited to Title, Abstract and Claim fields; one member per patent family was considered for analysis.: Synthetic molecules dominate the patent landscape, while natural products have not been extensively claimed for the treatment of Arenavirus infection. The broad-spectrum activity has been highly desired for Arenavirus treatment, but few reports have experimentally tested it. With each year, a constant increase in number of patents published is seen, while the maximum number of applications was filed in 2017. The research in VHF is driven by public funds; the maximum numbers of patents were filed by publicly funded organizations.