会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

眼科全身麻酔に最適な上眼球気道の選択:マニキン研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Monit Comput.2020 Apr;10.1007/s10877-020-00507-w. doi: 10.1007/s10877-020-00507-w.Epub 2020-04-09.

眼科全身麻酔に最適な上眼球気道の選択:マニキン研究

Choosing the best supraglottic airway for ophthalmic general anaesthesia: a manikin study.

  • Edwin Seet
  • Jinbin Zhang
  • Joselo Macachor
  • Chandra M Kumar
PMID: 32274646 PMCID: PMC7223643. DOI: 10.1007/s10877-020-00507-w.

抄録

眼科手術では、全身麻酔が局所麻酔よりも好まれることがあります。気管挿管よりも多くの利点があるため、主な気道装置として上眼球気道(SGA)または喉頭マスク気道(LMA)の使用が増加しています。第1世代のSGAと比較して、第2世代のSGAは、気道を消化管から分離するという付加的な利点があります。しかし,第2世代SGAの垂直投影は,手術野に侵入し,手術に支障をきたす可能性がある.我々は、第1世代のSGA(LMAクラシック、Ambu AuraFlex)と我々の施設で一般的に使用されている第2世代のSGA(LMA ProSeal、LMA Supreme、LMA Protector、Ambu AuraGain、I-gel)の垂直投影をマニキンモデルで調査しました。各デバイスは、当院の施設での通常の臨床実践に従って挿入後、コルゲートカテーテルマウントまたは角度のついたコネクターに接続された。すべてのデバイスの垂直投影は、センチメートル定規を使用して顎から測定した。LMA ClassicとAmbu AuraFlexでは、ストレートコルゲートコネクターを使用して気道デバイスを顎に固定することが可能でしたが、硬い第2世代SGAでは、気道チューブを外科領域から離れた尾方向に向けるために、角度のついたコネクターまたはストレートコルゲートチューブを追加する必要がありました。LMA ProSealは、第2世代のSGAの中で最も垂直方向の突起が低く、眼科手術に適した選択である可能性がある。また、いくつかの懸念はあるものの、第1世代のSGAを利用して胃ろうチューブを配置するという新しい技術についても述べています。この研究にはいくつかの制限があり、マネキンを使用しても患者の実際の状態を完全には再現できない可能性があるため、臨床現場への我々の知見の移植性には疑問が残ります。本研究は、異なる SGA の垂直投影高さをマネキンで比較した最初の研究であるが、今後の研究では、眼科手術中の臨床現場での SGA の使用を調査すべきである。

General anaesthesia is sometimes favoured over regional anaesthesia in ophthalmic surgery. The use of supraglottic airway (SGA) or laryngeal mask airway (LMA) as the primary airway device is increasing due to numerous advantages over tracheal intubation. Compared with 1st generation SGAs, 2nd generation SGAs have an added benefit of isolating the airway from the alimentary tract. However, the vertical profile of SGAs may encroach into the surgical field and hence interfere with surgery. We investigated the vertical projections of 1st generation SGAs (LMA Classic, Ambu AuraFlex) and commonly used 2nd generation SGAs in our institution (LMA ProSeal, LMA Supreme, LMA Protector, Ambu AuraGain and I-gel) in a manikin model. Each device was connected to a corrugated catheter mount or angled connector following insertion as per usual clinical practice in our institutions. Vertical projections of all devices were measured from the chin using a centimetre ruler. Securing of airway device to the chin with an adhesive tape was possible for the LMA Classic and Ambu AuraFlex with straight corrugated connector, whereas the stiffer 2nd generations SGAs required the addition of an angled connector or straight corrugated tubing to direct the airway tube caudally, away from the surgical field. The LMA ProSeal had the lowest vertical projection amongst the 2nd generation SGAs and may be the suitable choice for ophthalmic surgery. We also describe a novel technique of utilising a 1st generation SGA with placement of an orogastric tube, although with some reservations. This study has several limitations and transferability of our findings into clinical practice is questionable as the use of a manikin may not fully imitate the real condition of the patient. Our study is the first study comparing vertical projected height of different SGAs in manikin, but future studies should investigate the use of SGA in the clinical setting during ophthalmic surgery.