会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

2型糖尿病を併発する心不全患者におけるナトリウム-グルコースコトランスポーター2阻害薬の短期的なナトリウム利尿作用の機序と予測 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Heart Vessels.2020 Apr;10.1007/s00380-020-01597-x. doi: 10.1007/s00380-020-01597-x.Epub 2020-04-08.

2型糖尿病を併発する心不全患者におけるナトリウム-グルコースコトランスポーター2阻害薬の短期的なナトリウム利尿作用の機序と予測

Mechanisms and prediction of short-term natriuretic effect of sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor in heart failure patients coexisting type 2 diabetes mellitus.

  • Shusuke Fukuoka
  • Kaoru Dohi
  • Tetsushiro Takeuchi
  • Keishi Moriwaki
  • Masaki Ishiyama
  • Taku Omori
  • Naoki Fujimoto
  • Masaaki Ito
PMID: 32270357 DOI: 10.1007/s00380-020-01597-x.

抄録

2型糖尿病(T2DM)を併発する心不全患者におけるナトリウム-グルコースコトランスポーター2(SGLT2)阻害薬の利尿作用の機序とその予測因子については,現在調査中である。2型糖尿病(T2DM)を併発する心不全患者40名(68±13歳、男性63%)を対象に、イプラグリフロジン50mgを1日1回朝食後に投与し、少なくとも4日間連続して投与した。イプラグリフロジン短期投与前後に、朝一番の血液検査と尿検査、24時間尿検査を実施した。1日の尿量は0日目の1365±511mL/日から3日目の1698±595mL/日に有意に増加し(P<0.001),体重と血漿脳ナトリウム利尿ペプチド値は有意に減少した。24時間尿量の変化は24時間尿中ナトリウム排泄量の変化と独立して強く相関した(r=0.80, P<0.001)が、24時間尿中糖排泄量の変化とは有意な相関はなかった(r=0.29, P=0.07)。イプラグリフロジン投与前の初朝尿ナトリウム濃度が低いこととループ利尿薬の投与量が高いことは、イプラグリフロジン投与による尿量増加と関連しており、前者は独立した予測因子を保持していた(Odds ratio 0.96, 95% CI 0.93-0.99, P=0.02)。初日朝の尿量は、ナトリウム≦53mEq/L、ループ利尿剤≧20mg/日で、3日目の尿量増加を高い診断精度で予測した。イプラグリフロジンは急性ナトリウム利尿作用を有しており、初日の尿量とループ利尿薬のベースライン投与量は利尿作用を強く予測した。イプラグリフロジンはT2DM患者においてループ利尿薬に対する反応性を回復させる可能性があると考えられた。

The mechanisms of the diuretic effect of sodium-glucose cotransporter 2 (SGLT2) inhibitor and its predictors in heart failure (HF) patients with coexisting type 2 diabetes mellitus (T2DM) remain under investigation. A total of 40 hospitalized HF patients with T2DM (68 ± 13 years old, male gender 63%) were prospectively enrolled and received ipragliflozin at a dose of 50 mg once daily after breakfast for at least 4 consecutive days. They underwent first-morning blood and urine tests, and 24-h urine tests before and after short-term ipragliflozin therapy. Daily urine volume significantly increased from 1365 ± 511 mL/day on day 0 to 1698 ± 595 mL/day on day 3 (P < 0.001), which resulted in significant decreases in body weight and plasma brain natriuretic peptide level. Changes in 24-h urine volume were strongly and independently correlated with changes in 24-h urine sodium excretion (r = 0.80, P < 0.001), but was not significantly correlated with those in 24-h urine sugar excretion (r = 0.29, P = 0.07). Lower concentration of first-morning urine sodium and higher loop diuretic dosage before ipragliflozin therapy were associated with urine volume increment with ipragliflozin therapy, and former retained its independent predictor (Odds ratio 0.96, 95% CI 0.93-0.99, P = 0.02). First-morning urine sodium ≤ 53 mEq/L and baseline loop diuretics ≥ 20 mg/day predicted increased urine volume on day 3 with high diagnostic accuracy. Ipragliflozin has acute natriuretic activity, and first-morning urine sodium and baseline dosage of loop diuretics strongly predicted the diuretic effects. Ipragliflozin therapy may restore responsiveness to loop diuretics in symptomatic HF patients with T2DM.