会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

クエルセチンとクルクミンの相乗効果による乳がん細胞のアポトーシス抑制効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Colloids Surf B Biointerfaces.2020 Jul;191:110982. S0927-7765(20)30212-5. doi: 10.1016/j.colsurfb.2020.110982.Epub 2020-03-19.

クエルセチンとクルクミンの相乗効果による乳がん細胞のアポトーシス抑制効果

Efficient synergistic combination effect of Quercetin with Curcumin on breast cancer cell apoptosis through their loading into Apo ferritin cavity.

  • Fariba Mansourizadeh
  • Diego Alberti
  • Valeria Bitonto
  • Martina Tripepi
  • Houri Sepehri
  • Sepideh Khoee
  • Simonetta Geninatti Crich
PMID: 32220813 DOI: 10.1016/j.colsurfb.2020.110982.

抄録

天然薬物の組み合わせは、いくつかのアポトーシスシグナル伝達経路をトリガーすることで、相乗的にがん細胞株のアポトーシス効果を高めることができるため、がん治療において大きな注目を集めています。しかし、多くの天然薬物は疎水性であること、バイオアベイラビリティが低いこと、細胞内への取り込みが少ないことなどから、治療効果に限界がある。本研究の目的は、クエルセチンとクルクミンを担持したアポフェリチンナノ粒子(Que-Cur-HoS-Apo NP)を設計し、乳がん細胞株(MCF7)でその相乗的な抗腫瘍特性を試験することであった。サイズ排除クロマトグラフィー(FPLC)と動的光散乱法(DLS)を用いたQue-Cur-HoS-Apo NPの物理化学的特性評価の結果、17.4±1.2nmの狭いサイズ分布を持つタンパク質ケージ内に化合物がカプセル化されていることが確認された。細胞生存率試験の結果、Que-Cur-HoS-Apo NPは、MCF7細胞株に対して低用量でより顕著な効果を発揮することが示された。Que-Cur-HoS-Apoシステムは、このように強化されたアポトーシスを誘発する天然薬剤の細胞取り込みを可能にした。これらの効果は、アネキシンV/7-AAD染色アッセイと細胞内活性酸素種(ROS)の定量的検出によって確認された。これらの結果は、乳がん治療における有望な抗がん剤としてのQue-Cur-HoS-Apo NPsの可能性を示唆し、生体内でのQue-Cur-HoS-Apo NPsの効果を調べるための道を開く。

Combination of natural agents has received a great attention in cancer treatment because of synergistically increased apoptotic effect on cancer cell lines by triggering several apoptotic signaling pathways. However, the hydrophobic nature, poor bioavailability and low cellular uptake of most natural agents limit their therapeutic effectiveness. The purpose of this study was to design Apoferritin nanoparticles loaded with Quercetin and Curcumin (Que-Cur-HoS-Apo NPs) and to test their synergistic antitumor properties on a breast cancer cell line (MCF7). The physico-chemical characterization of the Que-Cur-HoS-Apo NPs by Size Exclusion Chromatography (FPLC) and Dynamic Light Scattering (DLS) confirmed the encapsulation of the compounds in the protein cage with narrow size distribution in the range 17.4 ± 1.2 nm. Cell viability study indicated that Que-Cur-HoS-Apo NPs were able to exert a more pronounced effect at lower dose on the MCF7 cell line when compared to the free combination of the drugs. The Que-Cur-HoS-Apo system allowed cellular uptake of natural agents thus triggering enhanced apoptosis. These effects were confirmed by Annexin-V/7-AAD Staining Assay and intracellular Reactive Oxygen Species (ROS) quantitative detection. These results suggest the potential of Que-Cur-HoS-Apo NPs as a promising anti-cancer agent in breast cancer therapy and pave the way to examine Que-Cur-HoS-Apo NPs effect in vivo.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.