国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

化学テロ攻撃のモデル化とリスク分析.ベイズネットワーク法 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Environ Res Public Health.2020 03;17(6). E2051. doi: 10.3390/ijerph17062051.Epub 2020-03-19.

化学テロ攻撃のモデル化とリスク分析.ベイズネットワーク法

Modeling and Risk Analysis of Chemical Terrorist Attacks: A Bayesian Network Method.

  • Rongchen Zhu
  • Xiaofeng Hu
  • Xin Li
  • Han Ye
  • Nan Jia
PMID: 32204577 PMCID: PMC7142652. DOI: 10.3390/ijerph17062051.

抄録

化学テロは、影響範囲が広く、強力な隠蔽力を持ち、技術的手段が高く、深刻な結果をもたらす、型にはまらないテロの形態である。化学テロリスクとは、有毒な工業用化学物質/薬品や古典的な化学兵器を用いて、テロ組織が人々を攻撃する際の影響の不確実性を指します。化学テロリスクには、テロ組織の脅威度、標的の誘致力、都市の緊急対応力、警察の防衛力など、複数のリスク要因が関係している。化学テロ攻撃のベイズネットワークを構築し、リスク分析を行っている。シナリオ分析と感度分析を適用してモデルの妥当性を検証し、バイタルファクターが化学テロのリスクに与える影響を分析した。その結果、本モデルは化学テロのシミュレーションやリスク分析に利用できることを示した。化学テロのリスクをコントロールするという点では、警備チェックや警察の捜査よりもパトロールや監視の方が重要度は低い。攻撃が成功する確率を下げるためには、セキュリティチェックが最も効果的なアプローチである。テロ組織によって脅威の度合いは異なるが、その影響は攻撃の成功に限られる。武器の種類や用量は死傷者数の変化に敏感であるが、死傷者数の変化を支配するのは緊急対応能力のレベルである。防御源の数には限りがあるため、最良の結果を得るためには、まず政府の建物、次に商業地域に優先的に防御源を配備すべきである。これらの知見は、公安部門の戦闘やリスク管理部門の安全対策の決定に理論的な基礎と方法を提供するものである。

The chemical terrorist attack is an unconventional form of terrorism with vast scope of influence, strong concealment, high technical means and severe consequences. Chemical terrorism risk refers to the uncertainty of the effects of terrorist organisations using toxic industrial chemicals/drugs and classic chemical weapons to attack the population. There are multiple risk factors infecting chemical terrorism risk, such as the threat degree of terrorist organisations, attraction of targets, city emergency response capabilities, and police defense capabilities. We have constructed a Bayesian network of chemical terrorist attacks to conduct risk analysis. The scenario analysis and sensitivity analysis are applied to validate the model and analyse the impact of the vital factor on the risk of chemical terrorist attacks. The results show that the model can be used for simulation and risk analysis of chemical terrorist attacks. In terms of controlling the risk of chemical terrorist attack, patrol and surveillance are less critical than security checks and police investigations. Security check is the most effective approach to decrease the probability of successful attacks. Different terrorist organisations have different degrees of threat, but the impacts of which are limited to the success of the attack. Weapon types and doses are sensitive to casualties, but it is the level of emergency response capabilities that dominates the changes in casualties. Due to the limited number of defensive resources, to get the best consequence, the priority of the deployment of defensive sources should be firstly given to governmental buildings, followed by commercial areas. These findings may provide the theoretical basis and method support for the combat of the public security department and the safety prevention decision of the risk management department.