会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

自己免疫性甲状腺疾患における甲状腺抗原に対する新規HLA-A0201制限T細胞エピトープの同定 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Endocrine.2020 Mar;10.1007/s12020-020-02264-x. doi: 10.1007/s12020-020-02264-x.Epub 2020-03-20.

自己免疫性甲状腺疾患における甲状腺抗原に対する新規HLA-A0201制限T細胞エピトープの同定

Identification of novel HLA-A0201-restricted T-cell epitopes against thyroid antigens in autoimmune thyroid diseases.

  • Yun Cai
  • Xinyu Xu
  • Zheng Zhang
  • Ping Wang
  • Qingfang Hu
  • Yu Jin
  • Zhixiao Wang
  • Xiaoyun Liu
  • Tao Yang
PMID: 32198668 DOI: 10.1007/s12020-020-02264-x.

抄録

目的:

橋本甲状腺炎(HT)とバセドウ病(GD)の間の甲状腺への自己免疫攻撃の引き金となる異なるメカニズムはまだ不明である。本研究の目的は、甲状腺抗原特異的なCD8+ T細胞エピトープを認識し、これらのエピトープと甲状腺自己抗体、期間、これら2つの疾患の分類との関係を探ることであった。

PURPOSE: The different mechanisms that trigger the autoimmune attack to the thyroid between Hashimoto's thyroiditis (HT) and Graves' disease (GD) are still unclear. The aim of this study was to recognize thyroid antigens specific CD8+ T-cell epitopes and explore the relationship between these epitopes and thyroid autoantibodies, duration and classification in these two diseases.

方法:

遊離チオヨードサイロニン、遊離テトラヨードサイロニン、甲状腺刺激ホルモン、TgAb、およびTPOAbはすべて免疫化学アルミノメトリーアッセイで測定し、TRAbはラジオイムノアッセイで試験した。HLAクラスIペプチド親和性アルゴリズムを、HLA-A*0201にブラインドする甲状腺自己抗原ペプチド候補を予測するために適用した。ELISpotアッセイを用いて、Tg-、TPO-、およびTSHR特異的CD8+ T細胞を検出した。

METHODS: Free thiiodothyronine, free tetraiodothyronine, thyroid-stimulating hormone, TgAb, and TPOAb were all measured by immunochemiluminometric assays, while TRAb was tested by radioimmunoassay. HLA class I peptide affinity algorithms were applied to predict candidate thyroid autoantigen peptides that blind to HLA-A*0201. The ELISpot assay was used to detect Tg-, TPO-, and TSHR-specific CD8+ T cells.

結果:

我々は、TG-6がGDにおける新規のHLA-A*0201制限CTLエピトープであることを明らかにした。TG-6、TG-7、TG-10、TG-11、TPO-6は、GD患者ではHT患者に比べて免疫優勢であった(TG-6:38.5 vs. 8%、P=0.034、TG-7、TG-10、TG-11、TPO-6:23.1 vs. 0%、P=0.034)。GD患者におけるTG-6の免疫優位性は健常対照(HC)よりも顕著であったが(TG-6:35.8 vs. 0%、P=0.011)、HT患者とHCの間には統計学的に有意な差は認められなかった。サブグループ解析の結果、TG-6に対するT細胞の反応性はTgAb陰性の高血圧患者ほど高かった(0 vs. 40%、P=0.033)。しかし、TPOAb、TRAb、投薬、投与期間については、高血圧患者とGD患者の両方で相関は認められなかった。

RESULTS: We demonstrated that TG-6 was a novel HLA-A*0201-restricted CTL epitope in GD. TG-6, TG-7, TG-10, TG-11, and TPO-6 were immunodominant in GD patients compared with HT patients (TG-6: 38.5 vs. 8%, P = 0.034; TG-7, TG-10, TG-11, and TPO-6: 23.1 vs. 0%, P = 0.034). The immunodominance of TG-6 in GD patients was more evident than healthy controls (HC) (TG-6: 35.8 vs. 0%, P = 0.011), but there was no statistically significant difference between HT patients and HC. Subgroup analyses revealed the T-cell responsiveness to TG-6 was stronger in TgAb-negative HT patients (0 vs. 40%, P = 0.033). However, there was no correlation showed for TPOAb, TRAb, medication and duration in both HT and GD patients.

結論:

我々は、HTとGDの両疾患が異なる抗原特異的CD8陽性T細胞を認識していることを初めて報告した。Tgは、GDでは寛容性の破壊に寄与する支配的な甲状腺自己抗原である可能性があります。このことは、自己免疫性甲状腺疾患の病態に関する我々の知識を向上させるだけでなく、ペプチドワクチン療法の観点からも新たな治療法を提供する可能性がある。

CONCLUSIONS: We report for the first time that both diseases, HT and GD, recognize different antigen-specific CD8-positive T cells. Tg maybe the dominant thyroid autoantigen contributing to breaking tolerance in GD. It could improve our knowledge of autoimmune thyroid diseases pathogenesis as well as offer new therapeutical tools in terms of peptide vaccine therapy.