会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

プリリガー冷凍ホタテ貝柱条線状内転筋の生化学的性質と微細構造に及ぼす解凍方法の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Food Chem.2020 Jul;319:126559. S0308-8146(20)30421-0. doi: 10.1016/j.foodchem.2020.126559.Epub 2020-03-05.

プリリガー冷凍ホタテ貝柱条線状内転筋の生化学的性質と微細構造に及ぼす解凍方法の影響

Effects of thawing methods on the biochemical properties and microstructure of pre-rigor frozen scallop striated adductor muscle.

  • Huamao Wei
  • Yuanyong Tian
  • Tetsuro Yamashita
  • Gaku Ishimura
  • Kuniaki Sasaki
  • Yabin Niu
  • Chunhong Yuan
PMID: 32197215 DOI: 10.1016/j.foodchem.2020.126559.

抄録

凍結ホタテ貝柱の死後生化学的特性(pH, 塩溶解度, Ca-ATPase活性, ATP関連化合物)と筋状体の微細構造変化を融解後及び4℃保存中に調べた。解凍方法は流水(18℃, R),氷水(0℃, I),空気(4℃, A),氷-塩水(-2℃, S)の4種類を用いた。解凍後のpH値と塩溶解度は、R群が他の3つの解凍群に比べて低かったが、I群が最も高い値を示した。しかし、Ca-ATPase活性には4群間で有意差(P<0.05)は認められなかった。微細構造の結果、I群の構造は生ホタテの構造に近いことが示された。また、ATPの分解速度が最も遅いことがわかった。したがって、氷水解凍はホタテ貝柱内転筋の生化学的特性や微細構造の変化が最も少なく、最適な方法であると考えられた。

Postmortem biochemical properties (pH, salt solubility, Ca-ATPase activity, ATP-related compounds) and microstructural changes in the striated adductor muscle of pre-rigor frozen Japanese scallops (Patinopecten yessoensis) were studied after thawing and during storage at 4℃. Four thawing methods were used: running water (18℃, R); ice-water (0℃, I); air (4℃, A) and ice-saltwater (-2℃, S). The pH values and salt solubility of R group were lower than the other three thawing groups while I group was highest after thawing. However, no significant difference (P < 0.05) in Ca-ATPase activity were detected among 4 groups. The microstructure results indicated that the structure of I group was close to that of fresh scallop. Moreover, ATP decomposition rate was the slowest. Therefore, ice-water thawing is the best method because it induced the least changes in the biochemical properties and microstructures of scallop adductor muscle.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.