国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

STINGはNLRP3の小胞体への局在化を促進し、NLRP3の脱ユビキチン化を促進することで、HSV-1感染時のインフラナソームの活性化を促進します | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS Pathog..2020 03;16(3):e1008335. PPATHOGENS-D-19-01557. doi: 10.1371/journal.ppat.1008335.Epub 2020-03-18.

STINGはNLRP3の小胞体への局在化を促進し、NLRP3の脱ユビキチン化を促進することで、HSV-1感染時のインフラナソームの活性化を促進します

STING promotes NLRP3 localization in ER and facilitates NLRP3 deubiquitination to activate the inflammasome upon HSV-1 infection.

  • Wenbiao Wang
  • Dingwen Hu
  • Caifeng Wu
  • Yuqian Feng
  • Aixin Li
  • Weiyong Liu
  • Yingchong Wang
  • Keli Chen
  • Mingfu Tian
  • Feng Xiao
  • Qi Zhang
  • Muhammad Adnan Shereen
  • Weijie Chen
  • Pan Pan
  • Pin Wan
  • Kailang Wu
  • Jianguo Wu
PMID: 32187211 PMCID: PMC7080238. DOI: 10.1371/journal.ppat.1008335.

抄録

病原体感染に対する自然免疫応答の基本的な反応の一つは、NLRP3 inflammasomeによって処理されたIL-1βを含むプロ炎症性サイトカインの放出である。インターフェロン遺伝子刺激因子(STING)は、病原体感染に対する自然免疫応答に不可欠な役割を担っています。ここでは、STINGがヒト細胞株、マウス初代細胞、マウスにおいて、NLRP3インフルアソームの活性化、IL-1βの分泌、炎症反応を制御する特異的なメカニズムを明らかにした。興味深いことに、HSV-1感染と細胞質DNA刺激により、STINGはNLRP3と結合し、2つのアプローチで炎症ソームの活性化を促進することがわかった。第一に、STINGはNLRP3をリクルートし、小胞体内でのNLRP3の局在化を促進し、それによって炎症性ソームの形成を促進する。第二に、STINGはNLRP3と相互作用し、NLRP3のK48およびK63結合によるポリユビキチン化を抑制することで、炎症細胞の活性化を促進します。以上のことから、我々は、cGAS-STING-NLRP3シグナル伝達がHSV-1感染に対する宿主の防御に不可欠であることを示している。

One of the fundamental reactions of the innate immune responses to pathogen infection is the release of pro-inflammatory cytokines, including IL-1β, processed by the NLRP3 inflammasome. The stimulator of interferon genes (STING) has the essential roles in innate immune response against pathogen infections. Here we reveal a distinct mechanism by which STING regulates the NLRP3 inflammasome activation, IL-1β secretion, and inflammatory responses in human cell lines, mice primary cells, and mice. Interestingly, upon HSV-1 infection and cytosolic DNA stimulation, STING binds to NLRP3 and promotes the inflammasome activation through two approaches. First, STING recruits NLRP3 and facilitates NLRP3 localization in the endoplasmic reticulum, thereby facilitating the inflammasome formation. Second, STING interacts with NLRP3 and attenuates K48- and K63-linked polyubiquitination of NLRP3, thereby promoting the inflammasome activation. Collectively, we demonstrate that the cGAS-STING-NLRP3 signaling is essential for host defense against HSV-1 infection.