会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

センチネルリンパ節診断をターゲットとした多光子レーザー走査型顕微鏡を用いた蛍光寿命イメージングの報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Biomed Opt.2020 Mar;25(7):1-8. JBO-190344SSRR. doi: 10.1117/1.JBO.25.7.071204.

センチネルリンパ節診断をターゲットとした多光子レーザー走査型顕微鏡を用いた蛍光寿命イメージングの報告

Report on fluorescence lifetime imaging using multiphoton laser scanning microscopy targeting sentinel lymph node diagnostics.

  • Jeemol James
  • Despoina Kantere
  • Jonas Enger
  • Jan Siarov
  • Ann Marie Wennberg
  • Marica B Ericson
PMID: 32172545 PMCID: PMC7070082. DOI: 10.1117/1.JBO.25.7.071204.

抄録

意義:

センチネルリンパ節(SLN)生検は、例えば悪性黒色腫患者における転移の病期分類のための重要な方法である。迅速な病理組織学的解析を可能にするツールは、診断を容易にすることが期待されており、この目的のために光学技術が探求されている。

SIGNIFICANCE: Sentinel lymph node (SLN) biopsy is an important method for metastasis staging in, e.g., patients with malignant melanoma. Tools enabling prompt histopathological analysis are expected to facilitate diagnostics; optical technologies are explored for this purpose.

エイム:

この探索的研究の目的は、多光子レーザー走査型顕微鏡(MPM)と蛍光寿命分析(FLIM)を併用して、生体外リンパ節(LN)組織の検査を行うことの可能性を調べることであった。

AIM: The objective of this exploratory study was to investigate the potential of adopting multiphoton laser scanning microscopy (MPM) together with fluorescence lifetime analysis (FLIM) for the examination of lymph node (LN) tissue ex vivo.

アプローチ:

5つのLN組織サンプル(3つの転移陽性と2つの陰性)を、メラノーマ患者の組織からなるバイオバンクから取得しました。組織は脱パラフィン化し、FLIMを可能にする時間相関単一光子計数モジュールを備えた実験的MPM装置を用いてMPM-FLIMを行った。

APPROACH: Five LN tissue samples (three metastasis positive and two negative) were acquired from a biobank comprising tissues from melanoma patients. Tissues were deparaffinized and subjected to MPM-FLIM using an experimental MPM set-up equipped with a time correlated single photon counting module enabling FLIM.

結果:

これらのデータから、従来の組織学に類似した形態学的特徴が観察されたことが確認された。また、FLIM解析では、特に転移細胞、リンパ球、赤血球を識別するための形態学的コントラストが高くなっていることが明らかになった。

RESULTS: The data confirm that morphological features similar to conventional histology were observed. In addition, FLIM analysis revealed elevated morphological contrast, particularly for discriminating between metastatic cells, lymphocytes, and erythrocytes.

結論:

以上のことから、本調査の結果は、SLN診断の文脈でMPM-FLIMを採用する可能性を示しており、新鮮な組織サンプルでのさらなるトランスレーショナル研究を奨励しています。

CONCLUSIONS: Taken together, the results from this investigation show promise for adopting MPM-FLIM in the context of SLN diagnostics and encourage further translational studies on fresh tissue samples.