国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ヒストンH3.3のリジン4は、胚性幹細胞の分化、制御領域でのヒストン濃縮、転写精度に必要とされています | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nat. Genet..2020 03;52(3):273-282. 10.1038/s41588-020-0586-5. doi: 10.1038/s41588-020-0586-5.Epub 2020-03-05.

ヒストンH3.3のリジン4は、胚性幹細胞の分化、制御領域でのヒストン濃縮、転写精度に必要とされています

Lysine 4 of histone H3.3 is required for embryonic stem cell differentiation, histone enrichment at regulatory regions and transcription accuracy.

  • Maja Gehre
  • Daria Bunina
  • Simone Sidoli
  • Marlena J Lübke
  • Nichole Diaz
  • Matteo Trovato
  • Benjamin A Garcia
  • Judith B Zaugg
  • Kyung-Min Noh
PMID: 32139906 DOI: 10.1038/s41588-020-0586-5.

抄録

ヒストンH3のリジン4(H3K4)やリジン36(H3K36)を修飾する酵素の変異がヒトの疾患と関連しているが、哺乳類ではこれらの残基がどのような役割を果たしているかは不明である。私たちは、K4またはK36をアラニンに変異させ、マウス胚性幹細胞(ESC)の分化を阻害し、広範な遺伝子発現変化を誘導することを示しました。K4Aは、特にESCのプロモーターにおいてH3.3の欠乏をもたらし、リモデラー結合の減少とRNAポリメラーゼII(Pol II)活性の増加を伴った。H3.3K4Aが枯渇した調節領域では、ヒストン修飾の変化とエンハンサー活性の変化が見られ、それは遺伝子発現と相関していた。対照的に、K36A変異はH3.3の沈着を変化させず、分化後期の遺伝子発現に影響を与えた。このように、H3K4はヌクレオソームの沈着、ヒストンのターンオーバー、クロマチンリモデラーの結合に必要であり、Pol II活性の厳密な調節はESCの適切な分化に必要である。

Mutations in enzymes that modify histone H3 at lysine 4 (H3K4) or lysine 36 (H3K36) have been linked to human disease, yet the role of these residues in mammals is unclear. We mutated K4 or K36 to alanine in the histone variant H3.3 and showed that the K4A mutation in mouse embryonic stem cells (ESCs) impaired differentiation and induced widespread gene expression changes. K4A resulted in substantial H3.3 depletion, especially at ESC promoters; it was accompanied by reduced remodeler binding and increased RNA polymerase II (Pol II) activity. Regulatory regions depleted of H3.3K4A showed histone modification alterations and changes in enhancer activity that correlated with gene expression. In contrast, the K36A mutation did not alter H3.3 deposition and affected gene expression at the later stages of differentiation. Thus, H3K4 is required for nucleosome deposition, histone turnover and chromatin remodeler binding at regulatory regions, where tight regulation of Pol II activity is necessary for proper ESC differentiation.