国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

マンゴー(L.)をベースとしたバー難消化性フラクションの大腸発酵中の腸内細菌叢の変化と予測される代謝経路 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nutrients.2020 Mar;12(3). E683. doi: 10.3390/nu12030683.Epub 2020-03-03.

マンゴー(L.)をベースとしたバー難消化性フラクションの大腸発酵中の腸内細菌叢の変化と予測される代謝経路

Changes in Intestinal Microbiota and Predicted Metabolic Pathways During Colonic Fermentation of Mango ( L.)-Based Bar Indigestible Fraction.

  • Wilbert Gutiérrez-Sarmiento
  • Sonia Guadalupe Sáyago-Ayerdi
  • Isabel Goñi
  • Federico Antonio Gutiérrez-Miceli
  • Miguel Abud-Archila
  • José Del Carmen Rejón-Orantes
  • Reiner Rincón-Rosales
  • Betsy Anaid Peña-Ocaña
  • Víctor Manuel Ruíz-Valdiviezo
PMID: 32138281 PMCID: PMC7146491. DOI: 10.3390/nu12030683.

抄録

マンゴー(L.)の皮と果肉は、難消化性画分(IF)の一部を構成する食物繊維(DF)とフェノール化合物(PC)の供給源である。この難消化性画分は大腸に到達し、腸内微生物の炭素・エネルギー源として作用します。マンゴーのIFが大腸発酵中の腸内微生物叢に及ぼす影響は不明である。本研究では、新規な'アタウルフォ'マンゴーベースのバー(スナック)UV-C照射および非照射(UVMangoBおよびMangoB)の単離されたIFを発酵させた。大腸発酵は、化学酵素法、半嫌気性、バッチ培養、および制御されたpHの大腸条件下でインビトロで起こった。糞便微生物叢の構造の変化を、16s rRNA遺伝子イルミナMiSeqシークエンシングにより解析した。コミュニティの機能的能力をシリコで決定した。アルファ指数は、6時間の大腸発酵後に微生物の多様性の低下を示した。座標分析は、照射バーと非照射バーの間の違いを示した。代謝予測から、マンゴーBとUVマンゴーBは微生物の炭水化物代謝経路を増加させることが示された。この研究は、マンゴーベースのバーのIFは、代謝異常症の予防や治療にpromissory可能性が微生物の生態と代謝経路上の有益な変化を誘導したことを示唆している。しかし、腸内有益効果と微生物群の相互作用を確認するためには、in vivoでの介入が必要である。

Mango ( L.) peel and pulp are a source of dietary fiber (DF) and phenolic compounds (PCs) that constituent part of the indigestible fraction (IF). This fraction reaches the colon and acts as a carbon and energy source for intestinal microbiota. The effect of mango IF on intestinal microbiota during colonic fermentation is unknown. In this study, the isolated IF of a novel 'Ataulfo' mango-based bar (snack) UV-C irradiated and non-irradiated (UVMangoB and MangoB) were fermented. Colonic fermentation occurred in vitro under chemical-enzymatic, semi-anaerobic, batch culture and controlled pH colonic conditions. Changes in the structure of fecal microbiota were analyzed by 16s rRNA gene Illumina MiSeq sequencing. The community´s functional capabilities were determined in silico. The MangoB and UVMangoB increased the presence of , , , , , , , , , and genera. The alpha indexes showed a decrease in microbial diversity after 6 h of colonic fermentation. The coordinates analysis indicated any differences between irradiated and non-irradiated bar. The metabolic prediction demonstrated that MangoB and UVMangoB increase the microbiota carbohydrate metabolism pathway. This study suggests that IF of mango-based bar induced beneficial changes on microbial ecology and metabolic pathway that could be promissory to prevention or treatment of metabolic dysbiosis. However, in vivo interventions are necessary to confirm the interactions between microbiota modulating and intestinal beneficial effects.