会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

L.の5つの成分は、プロテインキナーゼC-α/ニコチンアミド-アデニンジヌクレオチドリン酸オキシダーゼ経路を阻害するパルミチン酸誘発性肝細胞障害を減衰させる | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Front Pharmacol.2019;10:1589. doi: 10.3389/fphar.2019.01589.Epub 2020-01-28.

L.の5つの成分は、プロテインキナーゼC-α/ニコチンアミド-アデニンジヌクレオチドリン酸オキシダーゼ経路を阻害するパルミチン酸誘発性肝細胞障害を減衰させる

Five Constituents in L. Attenuate Palmitic Acid-Induced Hepatocyte Injury Inhibiting the Protein Kinase C-α/Nicotinamide-Adenine Dinucleotide Phosphate Oxidase Pathway.

  • Lishan Zhou
  • Jianqiao Tang
  • Xuan Yang
  • Hui Dong
  • Xiaoli Xiong
  • Juan Huang
  • Linli Zhang
  • Huan Qin
  • Suqi Yan
PMID: 32116659 PMCID: PMC7025552. DOI: 10.3389/fphar.2019.01589.

抄録

PC)は、小児疾患の脾腎の陽不足の治療に用いられる伝統的な漢方薬です。これまでの研究で、PCが非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の若年マウスの肝臓酸化ストレスを緩和することが明らかになっており、そのメカニズムはプロテインキナーゼC-α(PKC-α)/ニコチンアミド-アデニンジヌクレオチドリン酸オキシダーゼ(NOX)シグナル伝達経路の阻害に関係していることが明らかになっている。本研究の目的は、前述のドラッグターゲットを確認し、NASH治療に有効なPC化合物の予備的スクリーニングを行うことである。パルミチン酸による非アルコール性脂肪性肝疾患の一次肝細胞モデルを確立した。の存在を超高性能液体クロマトグラフィーにより同定した。その後、5種類のPC化合物を投与した。細胞内トリグリセリドと総コレステロール含量、細胞上清アラニンアミノトランスフェラーゼとアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ、肝細胞スーパーオキサイドアニオンを調べた。また、肝細胞におけるPKC-α/NOXシグナル伝達経路の変化を調べた。さらに、PKC-α活性化剤であるフォルボル12-ミリスチン酸13-アセテートを4時間投与した後、再度Psoralenを介入させ、PKC-α/NOXシグナル伝達経路の変化を検出した。その結果、非アルコール性脂肪性肝疾患のパルミチン酸誘発原発性肝細胞モデルにおいて、Psoralen、Isopsoralen、Isobavachalconeはトリグリセリドの細胞内含量を減少させ、5種類のPC化合物はいずれも肝細胞の総コレステロール蓄積と肝細胞障害を改善することが示された。また、5種類のPC化合物はすべて、肝細胞のスーパーオキサイドアニオンレベル、ニコチンアミド-アデニンジヌクレオチドリン酸/ニコチンアミド-アデニンジヌクレオチドリン酸比、NOX活性、p47タンパク質発現およびPKCα活性を低下させることができました。その結果、Psoralenは最も優れた効果を示したが、phorbol 12-myristate 13-acetateによる事前刺激を受けると効果が消失した。以上の結果から、Psoralen、IsopsoralenおよびIsobavachalconeは肝細胞のステアトーシスを改善する可能性があり、5種のPC化合物は肝細胞の損傷を改善し、酸化ストレスを緩和し、肝細胞のPKC-α/NOXシグナル伝達経路をダウンレギュレートする可能性があることが示唆された。また、Psoralenは最高の有効性を示し、PKC-α阻害剤として期待されています。

L. (PC) is a traditional Chinese herb used to treat yang deficiency of the spleen and kidney in pediatric disease. Our previous studies have found that PC can alleviate the liver oxidative stress of juvenile mice with nonalcoholic steatohepatitis (NASH), and its mechanism is related to the inhibition of the protein kinase C-α (PKC-α)/nicotinamide-adenine dinucleotide phosphate oxidase (NOX) signaling pathway. The aim of this study was to confirm the aforementioned drug target and to conduct preliminary screening for some effective compounds of PC on the treatment of NASH. A primary hepatocyte model of non alcoholic fatty liver disease was established by palmitic acid. The existence of , , , , and were identified by ultra-performance liquid chromatography. Then, five PC compounds were administered. Intracellular triglyceride and total cholesterol content, the cell supernatant alanine aminotransferase and aspartate aminotransferase, and hepatocellular superoxide anion were examined. The changes of PKC-α/NOX signaling pathways in hepatocytes were also determined. Furthermore, PKC-α activator phorbol 12-myristate 13-acetate was administered for 4 h before Psoralen intervention was conducted again to detect the changes of PKC-α/NOX signaling pathways. Our data demonstrated that Psoralen, Isopsoralen, and Isobavachalcone decreased intracellular content of triglyceride while all five PC compounds improved hepatocellular total cholesterol accumulation and hepatocyte damage in palmitic acid-induced primary hepatocyte model of non alcoholic fatty liver disease. All five PC compounds could also reduce hepatocytic superoxide anion levels, nicotinamide-adenine dinucleotide phosphate/reduced nicotinamide-adenine dinucleotide phosphate ratio, NOX activity as well as p47 protein expression and PKCα activation in hepatocytes. Psoralen exhibited the best efficacy but the effectiveness was lost when pre-stimulated by phorbol 12-myristate 13-acetate. The results suggest that Psoralen, Isopsoralen, and Isobavachalcone could improve hepatocyte steatosis; five PC compounds could ameliorate hepatocyte injury, relieve oxidative stress, and downregulate the PKC-α/NOX signaling pathway of hepatocytes. In addition, Psoralen exhibits the best efficacy and a prospective PKC-α inhibitor pharmaceutical activity.

Copyright © 2020 Zhou, Tang, Yang, Dong, Xiong, Huang, Zhang, Qin and Yan.