会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

蛋白質を用いて、遺伝子組換えとKRAS/RAF-RBDの相互作用を同時にモニタリングするデュアルパラメトリックアッセイの開発を行っています | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Anal. Chem..2020 04;92(7):4971-4979. doi: 10.1021/acs.analchem.9b05126.Epub 2020-03-09.

蛋白質を用いて、遺伝子組換えとKRAS/RAF-RBDの相互作用を同時にモニタリングするデュアルパラメトリックアッセイの開発を行っています

Homogeneous Dual-Parametric-Coupled Assay for Simultaneous Nucleotide Exchange and KRAS/RAF-RBD Interaction Monitoring.

  • Kari Kopra
  • Emmiliisa Vuorinen
  • Maria Abreu-Blanco
  • Qi Wang
  • Ville Eskonen
  • William Gillette
  • Arto T Pulliainen
  • Matthew Holderfield
  • Harri Härmä
PMID: 32106676 PMCID: PMC7143314. DOI: 10.1021/acs.analchem.9b05126.

抄録

我々は、連結RASヌクレオチド交換およびRAS/RAF-RBD相互作用アッセイに導入された迅速かつ高感度なシングルウェルデュアルパラメトリック法を開発した。RAS突然変異は、複数の異なるヒト癌の頻発因子であるが、治療戦略の開発は困難を極めている。従来、RASの機能を破壊するための取り組みは、ヌクレオチド交換阻害剤、GTP-RAS相互作用阻害剤、変異RASタンパク質のGTPase活性を高める活性化剤に焦点が当てられてきた。生物学的知識の量が増えるにつれ、ハイスループットなスクリーニングを可能にする標的生化学的アッセイがますます興味深いものになってきています。これまでに、RASやヘテロ三量体Gタンパク質を用いたヌクレオチド結合研究のためのホモジニアス・クエンチング共鳴エネルギー移動(QRET)アッセイを紹介してきましたが、今回、新たにホモジニアス・クエンチング共鳴エネルギー移動(QRET)アッセイを導入し、RASやヘテロ三量体Gタンパク質を用いたヌクレオチド結合研究を開始しました。ここでは、QRET技術と時間分解フェルスター共鳴エネルギー移動(TR-FRET)を組み合わせたQTR-FRETと呼ばれる新しいホモジニアスシグナル伝達法を紹介します。デュアルパラメトリックQTR-FRET技術は、グアニンヌクレオチド交換因子によって誘導されたRASへのEu-GTP結合を615 nmでモニターし、その後のEu-GTP負荷RASとRAF-RBD-Alexa680との相互作用を730 nmでモニターすることを可能にします。両方の反応は、インヒビタースクリーニングおよびリアルタイム反応モニタリングに適用可能なシングルウェルアッセイでモニターした。この均質なアッセイにより、低ナノモル濃度のタンパク質を用いて、ヌクレオチド交換阻害剤とRAS/RAF相互作用阻害剤の両方を分離して検出することが可能となりました。さらに、G(i)αのGTP負荷および百日咳毒素触媒によるG(i)αのADPリボシル化にも適用し、新規なγ-GTP-Eu分子を合成した。本研究では、ここで紹介したQTR-FRET検出法が、様々なターゲットに対するデュアルパラメトリックアッセイに容易に適用できることを示している。

We have developed a rapid and sensitive single-well dual-parametric method introduced in linked RAS nucleotide exchange and RAS/RAF-RBD interaction assays. RAS mutations are frequent drivers of multiple different human cancers, but the development of therapeutic strategies has been challenging. Traditionally, efforts to disrupt the RAS function have focused on nucleotide exchange inhibitors, GTP-RAS interaction inhibitors, and activators increasing GTPase activity of mutant RAS proteins. As the amount of biological knowledge grows, targeted biochemical assays enabling high-throughput screening have become increasingly interesting. We have previously introduced a homogeneous quenching resonance energy transfer (QRET) assay for nucleotide binding studies with RAS and heterotrimeric G proteins. Here, we introduce a novel homogeneous signaling technique called QTR-FRET, which combine QRET technology and time-resolved Förster resonance energy transfer (TR-FRET). The dual-parametric QTR-FRET technique enables the linking of guanine nucleotide exchange factor-induced Eu-GTP association to RAS, monitored at 615 nm, and subsequent Eu-GTP-loaded RAS interaction with RAF-RBD-Alexa680 monitored at 730 nm. Both reactions were monitored in a single-well assay applicable for inhibitor screening and real-time reaction monitoring. This homogeneous assay enables separable detection of both nucleotide exchange and RAS/RAF interaction inhibitors using low nanomolar protein concentrations. To demonstrate a wider applicability as a screening and real-time reaction monitoring method, the QTR-FRET technique was also applied for G(i)α GTP-loading and pertussis toxin-catalyzed ADP-ribosylation of G(i)α, for which we synthesized a novel γ-GTP-Eu molecule. The study indicates that the QTR-FRET detection technique presented here can be readily applied to dual-parametric assays for various targets.