会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

マウス胚性幹細胞のRNAディープシーケンシング解析により同定された化学物質の有害性スクリーニングのためのマイクロRNAバイオマーカー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Toxicol. Appl. Pharmacol..2020 Apr;392:114929. S0041-008X(20)30053-3. doi: 10.1016/j.taap.2020.114929.Epub 2020-02-24.

マウス胚性幹細胞のRNAディープシーケンシング解析により同定された化学物質の有害性スクリーニングのためのマイクロRNAバイオマーカー

MicroRNA biomarkers for chemical hazard screening identified by RNA deep sequencing analysis in mouse embryonic stem cells.

  • Hiroshi Aoki
  • Hidenori Tani
  • Kaoru Nakamura
  • Hiroaki Sato
  • Masaki Torimura
  • Tetsuya Nakazato
PMID: 32105654 DOI: 10.1016/j.taap.2020.114929.

抄録

我々は、日本の汚染物質排出・移動登録簿の「第一種指定化学物質」に記載されている9つの化学物質(ビス(2-エチルヘキシル)フタル酸塩、p-クレゾール、p-ジクロロベンゼン、フェノール、ピロカテコール、クロロホルム、トリ-n-ブチルリン酸塩、トリクロロエチレン、ベンゼン)に曝露したマウス胚性幹細胞(mESCs)を用いて、microRNA(miRNA)の応答を調べました。ディープシークエンシング解析(RNA-seq)を用いて、一般的な化学物質毒性(すなわち、これら9つの化学物質をグループ化したもの)に対して実質的な応答を示すいくつかのmiRNAと、ベンゼンに対して実質的かつ特異的な応答を示すいくつかのmiRNAバイオマーカーを同定しました。これらのmiRNAの機能を、予測された標的遺伝子のGene Ontologyに基づいて調べたところ、細胞内プロセスの制御を示していた。これまでに同定されたmiRNAに加えて、ベンゼンを刺激として応答してアップレギュレーションまたはダウンレギュレーションされるロングノンコーディングRNA(ncRNA)やmRNAについても、これまでの研究で報告されている結果と比較した。また、miRNAの発現変化は、長鎖ncRNAやmRNAの発現変化よりも小さいことが観察された。以上の結果から、有毒化学物質の刺激がmiRNAの発現を制御していることが明らかになった。今回同定されたmiRNAを含むmiRNAをバイオマーカーとして利用することは、特定の化学物質の潜在的な毒性を予測したり、化学物質の有害性にさらされたヒトを特定したりすることに貢献すると考えられます。

We investigated the responses of microRNAs (miRNAs) using mouse embryonic stem cells (mESCs) exposed to nine chemicals (bis(2-ethylhexyl)phthalate, p-cresol, p-dichlorobenzene, phenol, pyrocatecol, chloroform, tri-n-butyl phosphate, trichloroethylene, and benzene), which are listed as "Class I Designated Chemical Substances" from the Japan Pollutant Release and Transfer Register. Using deep sequencing analysis (RNA-seq), several miRNAs were identified that show a substantial response to general chemical toxicity (i.e., to these nine chemicals considered as a group) and several miRNA biomarkers that show a substantial and specific response to benzene. The functions of the identified miRNAs were investigated in accordance with Gene Ontology terms of their predicted target genes, indicating regulation of cellular processes. We compared the results with those for the long non-coding RNAs (ncRNAs) and mRNAs reported in our previous studies in addition to previously identified miRNAs that are either up- or down-regulated in response to the benzene as stimuli. We also observed that the changes in expression of miRNAs were smaller than those for long ncRNAs and mRNAs. Taken together the current and previous results revealed that toxic chemical stimuli regulate the expression of miRNAs. We believe that the use of miRNAs, including the thus identified miRNAs, as biomarkers contribute to predicting the potential toxicity of particular chemicals or identifying human individuals that have been exposed to chemical hazards.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.