会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

肥満手術の前の術前上腹部消化管内視鏡検査。必須またはオプション? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Obes Surg.2020 Jun;30(6):2076-2084. 10.1007/s11695-020-04485-5. doi: 10.1007/s11695-020-04485-5.

肥満手術の前の術前上腹部消化管内視鏡検査。必須またはオプション?

Preoperative Upper-GI Endoscopy Prior to Bariatric Surgery: Essential or Optional?

  • Yusef Moulla
  • Orestis Lyros
  • Matthias Mehdorn
  • Undine Lange
  • Haitham Hamade
  • Rene Thieme
  • Albrecht Hoffmeister
  • Jürgen Feisthammel
  • Matthias Blüher
  • Boris Jansen-Winkeln
  • Ines Gockel
  • Arne Dietrich
PMID: 32096015 DOI: 10.1007/s11695-020-04485-5.

抄録

序論:

術前の上部消化管(GI)胃カメラの役割は、肥満手術において論争を交えながら議論されてきた。本研究の目的は、肥満手術前に内視鏡検査で検出された上部消化管病理の発生率を、患者管理における臨床的意義とともに評価することであった。

INTRODUCTION: The role of preoperative upper-gastrointestinal (GI) gastroscopy has been discussed with controversy in bariatric surgery. The aim of this study was to evaluate the incidence of upper-GI pathologies detected via endoscopy prior to bariatric surgery along with their clinical significance for patients' management.

材料と方法:

2011年1月から2017年12月までに肥満手術を受けた肥満患者を対象に,単一施設でプロスペクティブに構築されたデータベースを用いて,周術期の内視鏡所見と患者管理への影響をレトロスペクティブに解析した.

MATERIAL AND METHODS: In our single center prospectively established database of obese patients, who underwent bariatric surgery from January 2011 to December 2017, we retrospectively analyzed the perioperative endoscopic findings along with their influence on patients' management.

結果:

BMI(body mass index)中央値49kg/m [範囲31~92]の肥満患者636人が、肥満症手術の前に上部消化管内視鏡検査を受けた。手術の中では、腹腔鏡下Roux-Y-gastric bypass(72.6%;n=462)が最も頻度の高い手術であった。内視鏡的に検出された病態は、消化性潰瘍3.5%(22/636)、ヘリコバクター・ピロリ(Hp)胃炎22.4%(143/636)、胃または十二指腸ポリープ6.8%(43/636)であった。逆流性食道炎は139/636例(21.9%)に認められた。バレット食道(BE)が組織学的に診断されたのは95例(15.0%)であったが、内視鏡的にBEが疑われたのは75例(11.3%)のみであった。食道腺癌は3例(0.5%)に認められた。内視鏡的、組織学的に病理学的所見が認められたために手術方針の変更が必要となった症例は10例(1.6%)であった。

RESULTS: In total, 636 obese patients with median BMI (body mass index) of 49 kg/m [range 31-92] received an upper-GI endoscopy prior to bariatric surgery. Among the surgical procedures, laparoscopic Roux-Y-gastric bypass (72.6%; n = 462) was the most frequent operation. Endoscopically detected pathological conditions were peptic ulcer 3.5% (22/636), Helicobacter pylori (Hp) gastritis 22.4% (143/636), and gastric or duodenal polyps 6.8% (43/636). Reflux esophagitis could be detected in 139/636 patients (21.9%). Barrett's esophagus (BE) was histologically diagnosed in 95 cases (15.0%), whereas BE was suspected endoscopically in 75 cases (11.3%) only. Esophageal adenocarcinomas were detected in 3 cases (0.5%). Change of the operative strategy due to endoscopically or histologically detected pathologic findings had to be performed in 10 cases (1.6%).

結論:

術前の上部消化管内視鏡検査では、肥満患者において様々な異常な内視鏡所見が確認され、意思決定、特に最も適切な肥満手術と適切な経過観察に大きな影響を与える可能性がある。したがって、すべての肥満患者において、肥満手術の前に術前上部消化管内視鏡検査を検討すべきである。

CONCLUSION: Preoperative upper-GI endoscopy identifies a wide range of abnormal endoscopic findings in obese patients, which may have a significant impact on decision-making, particularly regarding the most suitable bariatric procedure and the appropriate follow-up. Therefore, preoperative upper-GI endoscopy should be considered in all obese patients prior to bariatric procedure.