会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ラゴス州における視覚障害者施設入所青年におけるう蝕の有病率 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
West Afr J Med.2020 Jan-Mar;37(1):13-18.

ラゴス州における視覚障害者施設入所青年におけるう蝕の有病率

Prevalence of Dental Caries among Visually Impaired Institutionalized Adolescents in Lagos State.

  • T O Ligali
  • O O Orenuga
  • F A Oredugba
PMID: 32030706

抄録

目的:

ナイジェリアのラゴス州にある施設に収容された視覚障害者および視力のある 10dash;19 歳の子供たちの齲蝕有病率を評価し、比較すること。

OBJECTIVES: To assess and compare caries prevalence among institutionalized visually impaired and sighted 10dash;19 year old children in Lagos State, Nigeria.

方法:

世界保健機関(WHO)の基本的口腔法齲蝕診断基準を用いて、施設に収容された10-19歳の視覚障害者および視力のある10-19歳の青年を対象とした横断的研究を行った。施設に収容された10-19歳の視覚障害者および視覚障害者の無作為サンプルを実施した。両群の平均虫歯、欠損、充填歯(dmft/DMFT)および有意なう蝕(SiC)指標を得て、SPSSバージョン20を用いたカイ二乗検定で比較した。

METHODS: A cross sectional study of institutionalized visually impaired and sighted 10-19-year-old adolescents was carried out using the World Health Organisation (WHO) Basic Oral Methods caries diagnostic criteria. A random sample of 10-19-year-old visually impaired and sighted institutionalised children was carried out. The mean decayed, missing, filled teeth (dmft/DMFT) and significant caries (SiC) indices of both groups were obtained and compared with Chi-square test using SPSS version 20.

結果:

視覚障害者の平均年齢は16歳、視覚障害者の平均年齢は12.5歳であった。男女比は視覚障害者で1:1、視覚障害者で1:1.5であった。う蝕有病率は、視覚障害者10dash、19歳児でそれぞれ28.8%(64/222)、平均dmft/DMFT 1.98±1.25、27.5%(63/229)、平均dmft/DMFT 1.90±1.28であった。両群の有意な齲蝕(SiC)指数は3.3であった。

RESULTS: Mean age of visually impaired participants was 16 years while that of sighted was 12.5 years. The male to female ratio was 1:1 among the visually impaired participants and 1:1.5 among the sighted. Caries prevalence of 28.8% (64/222), mean dmft/DMFT 1.98±1.25 and 27.5% (63/229), mean dmft/DMFT 1.90±1.28 were obtained for the sighted and visually impaired 10dash;19 years old children respectively. The significant caries (SiC) indices for both groups were 3.3.

結論:

本研究では、視覚障害者と視覚障害者の青年期のう蝕有病率はかなりのものであり、両者の間に有意な差はなかった。両者ともにう蝕の経験が顕著であった。したがって、このような環境にある施設に収容された視覚障害者と視覚障害者の両方の青年の口腔保健促進が必要である。

CONCLUSION: Caries prevalence among the visually impaired and sighted adolescents in this study was considerable with no significant differences between them. Both populations had significant caries experiences. There is therefore need for oral health promotion among both sighted and visually impaired institutionalized adolescents in this environment.