会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

TCP11L2は、FMNL2を介してウシ骨格筋由来の衛星細胞の移動と分化を促進する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Cell. Physiol..2020 Feb;doi: 10.1002/jcp.29617.Epub 2020-02-04.

TCP11L2は、FMNL2を介してウシ骨格筋由来の衛星細胞の移動と分化を促進する

TCP11L2 promotes bovine skeletal muscle-derived satellite cell migration and differentiation via FMNL2.

  • Shuang Li
  • Zhiqi Wang
  • Huili Tong
  • Shufeng Li
  • Yunqin Yan
PMID: 32017087 DOI: 10.1002/jcp.29617.

抄録

T-complex 11 like 2(TCP11L2)は、そのN末端領域にセリンを多く含むタンパク質である。しかし、TCP11L2の機能は不明である。今回、我々は、筋肉由来衛星細胞(MDSC)のin vitro分化過程においてTCP11L2の発現が徐々に増加し、MDSCの遊走・融合期である3日目にピークを迎えることを明らかにした。また、CRISPR/dCas9遺伝子改変技術を用いてTCP11L2の発現を上昇させたり、抑制したりすることで、TCP11L2がMDSCの分化を促進することを示した。さらに、創傷治癒アッセイでは、TCP11L2がMDSCの分化過程での遊走を促進することが示された。さらに、免疫蛍光解析により、TCP11L2は主にマイクロフィラメントや微小管に分布していることが明らかになった。さらに、TCP11L2の発現は、アクチン関連タンパク質2/3(ARP2/3)複合体の発現に影響を与えていた。共免疫沈降アッセイおよび免疫蛍光分析により、TCP11L2はフォルミン様2(FMNL2)と相互作用することが示された。このタンパク質は、ARP2/3の発現に影響を与え、ウシMDSCの遊走を促進した。最後に、FMNL2 を阻害することで、MDSC の分化・遊走に関わる TCP11L2 の活性が阻害された。以上のことから、TCP11L2はFMNL2と相互作用してMDSCの遊走と分化を促進することが明らかになった。

T-complex 11 like 2 (TCP11L2) is a protein containing a serine-rich region in its N-terminal region. However, the function of TCP11L2 is unclear. Here, we showed that TCP11L2 expression gradually increased during muscle-derived satellite cell (MDSC) differentiation in vitro, reaching a peak on Day 3, which is the migration and fusion stage of MDSCs. Using CRISPR/dCas9 gene-editing technology to elevate or repress the expression of TCP11L2, we also showed that TCP11L2 promoted MDSC differentiation. Moreover, wound-healing assays showed that TCP11L2 promoted the migration of MDSCs during differentiation. Additionally, immunofluorescence analyses showed that TCP11L2 was mainly distributed around the microfilament and microtubules. Furthermore, the expression of TCP11L2 affected the expression of actin-related protein 2/3 (ARP2/3) complex. Co-immunoprecipitation assays and immunofluorescence analysis showed that TCP11L2 interacted with formin-like 2 (FMNL2). This protein promoted migration of bovine MDSCs by affecting the expression of ARP2/3. Finally, the activities of TCP11L2 during MDSC differentiation and migration were blocked when FMNL2 was inhibited. Taken together, our data established that TCP11L2 interacted with FMNL2 to promote MDSC migration and differentiation.

© 2020 Wiley Periodicals, Inc.