国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

イヌラエフロス由来の天然化合物であるネペチンは、マスト細胞におけるPLCγ1およびAktシグナル伝達経路を介した脱顆粒およびエイコサノイドの生成を抑制する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch. Pharm. Res..2020 Feb;43(2):224-232. 10.1007/s12272-020-01212-7. doi: 10.1007/s12272-020-01212-7.Epub 2020-02-03.

イヌラエフロス由来の天然化合物であるネペチンは、マスト細胞におけるPLCγ1およびAktシグナル伝達経路を介した脱顆粒およびエイコサノイドの生成を抑制する

Nepetin, a natural compound from Inulae flos, suppresses degranulation and eicosanoid generation through PLCγ1 and Akt signaling pathways in mast cells.

  • Ning Ji
  • Sun-Gun Kim
  • Hyo-Hyun Park
  • Eujin Lee
  • Youn Ju Lee
  • Meihua Jin
  • Eunkyung Lee
PMID: 32016828 DOI: 10.1007/s12272-020-01212-7.

抄録

イヌラの花に由来するネペチンは、抗炎症反応を含むいくつかの生物学的活性を示すことが報告されている。本研究では、骨髄由来マスト細胞(BMMC)およびマウスを用いて、ネペチンの抗アレルギー性を分子機構とともに評価した。本研究では、IgE/抗原(Ag)刺激を受けたBMMCにおけるロイコトリエンC(LTC)およびプロスタグランジンD(PGD)の脱顆粒および生成に対するネペチンの抑制効果をin vitroで検討した。ネペチンの受動的皮膚アナフィラキシー(PCA)反応に対する効果についてもマウスを用いて検討した。ネペチンはBMMCの脱顆粒とLTCの生成を減少させた。IgE/Agを介したシグナル伝達経路を調べたところ、ネペチンは細胞内Ca濃度を抑制し、PLCγ1とcPLAの活性化を抑制した。しかし、BMMCではMAPKはネペチンの影響を受けなかった。また、ネペチン処理は、Aktおよび核内因子κBシグナル伝達経路の阻害を介してPGD産生を抑制し、シクロオキシゲナーゼ-2タンパク質の発現を抑制した。生体内での局所アレルギー反応については、ネペチンの経口投与により、肥満細胞依存性のPCA反応が用量依存的に抑制された。本研究の結果は、ネペチンが肥満細胞が介在する炎症性疾患に関連した抗アレルギー作用を有する可能性を示唆している。

Nepetin derived from the flowers of Inula japonica, Inulae flos, has been reported to exert several biological activities, including anti-inflammatory responses. In this study, we evaluated the anti-allergic property of nepetin with its molecular mechanisms in bone marrow-derived mast cells (BMMC) and mice. In this in vitro study, we investigated the inhibitory effects of nepetin on degranulation and generation of leukotriene C (LTC) and prostaglandin D (PGD) in IgE/antigen (Ag)-stimulated BMMC. The effect of nepetin on passive cutaneous anaphylaxis (PCA) reaction was also studied in mice. Nepetin reduced degranulation and LTC generation in BMMC. The IgE/Ag-mediated signaling pathway demonstrated that nepetin suppressed intracellular Ca level and activation of PLCγ1 and cPLA. However, MAPKs were not affected by nepetin in BMMC. In addition, nepetin treatment reduced PGD production and suppressed cyclooxygenase-2 protein expression via the inhibition of the Akt and nuclear factor-κB signaling pathways. With respect to the local allergic response in vivo, oral administration of nepetin suppressed mast cell-dependent PCA reaction in a dose-dependent manner. The results of this study suggest that nepetin might have an anti-allergic potential related to mast cell-mediated inflammatory diseases.