会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

小児前頭蓋底硬膜外・硬膜下空水腫のニューロナビゲーションガイド内視鏡下鼻腔内ドレナージ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pediatr Neurosurg.2020;55(1):67-71. 000503055. doi: 10.1159/000503055.Epub 2020-01-21.

小児前頭蓋底硬膜外・硬膜下空水腫のニューロナビゲーションガイド内視鏡下鼻腔内ドレナージ

Neuronavigation-Guided Endoscopic Endonasal Drainage of Pediatric Anterior Cranial Base Epidural and Subdural Empyema.

  • Charles J Touchette
  • Louis Crevier
  • Alexander G Weil
PMID: 31962318 DOI: 10.1159/000503055.

抄録

小児では、硬膜外および/または硬膜下の頭蓋内空胸は、前頭副鼻腔炎やパン脊髄炎を合併する可能性がある。硬膜外・硬膜下虚血の治療に用いられる標準的な経頭蓋アプローチには多くの欠点があるが、これらは内視鏡的拡張内鼻腔アプローチ(EEA)を用いることで回避することができる。このアプローチの実現可能性と利点を支持するために、我々はパン脊髄炎の頭蓋内拡張によって引き起こされた二前頭部空水腫の内視鏡的EEAを介してドレナージに成功したことを報告する。我々の症例や文献で報告されている症例では、内視鏡的EEAは標準的な開頭術に比べていくつかの利点があることが証明されている。したがって、外科的に小児のパン脊髄炎に起因する頭蓋底前部空水腫を排出する際には、EEAは経頭蓋アプローチの代替として考慮されるべきである。

In children, epidural and/or subdural intracranial empyema can complicate frontal sinusitis or pansinusitis. The standard transcranial approach used to treat epidural or subdural empyema has many drawbacks, but these can be avoided with an endoscopic expanded endonasal approach (EEA). To support the feasibility and advantages of this approach, we report the successful drainage through endoscopic EEA of a bifrontal empyema caused by an intracranial extension of pansinusitis. Our case and the ones previously reported in the literature establish well that endoscopic EEA offers several advantages over the standard craniotomy. Hence, EEA should be considered as an alternative to the transcranial approach when surgically draining anterior skull base empyema resulting from pansinusitis in children.

© 2020 S. Karger AG, Basel.