会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ヒト結腸腺癌におけるアトラクチレンノライドIの抗腫瘍活性 in vitro | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Molecules.2020 Jan;25(1). E212. doi: 10.3390/molecules25010212.Epub 2020-01-04.

ヒト結腸腺癌におけるアトラクチレンノライドIの抗腫瘍活性 in vitro

Anti-Tumor Activity of Atractylenolide I in Human Colon Adenocarcinoma In Vitro.

  • Ka Woon Karen Chan
  • Hau Yin Chung
  • Wing Shing Ho
PMID: 31947901 PMCID: PMC6983257. DOI: 10.3390/molecules25010212.

抄録

は、in vitroで複数の生物学的活性を示すことが知られている。しかし、その抗腫瘍活性の詳細は明らかにされていない。本研究では、根茎に含まれる生理活性化合物であるアトラクチレノライドI(AT-I)の効果をヒト大腸腺癌細胞株HT-29で検討した。その結果、AT-Iはミトコンドリア依存性経路の活性化により、ヒト大腸癌細胞のアポトーシスを誘導することが明らかになった。AT-IのICは、HT-29を24時間、48時間、72時間培養した後、それぞれ277.6μM、95.7μM、57.4μMであった。TUNELとアネキシンV-FITC/PI二重染色アッセイは、様々なAT-I濃度で細胞を処理した後のHT-29のDNA断片化を示した。ウェスタンブロット分析では、AT-IでHT-29を処理した後に、カスパーゼ3、カスパーゼ7、カスパーゼ9、PARPを含む開始カスパーゼと実行カスパーゼの両方が活性化されていることが明らかになりました。今回の研究により、AT-IがHT-29細胞に対する有効な薬剤候補であることが初めて明らかになりました。

is known to exhibit multi-arrays of biologic activity in vitro. However, detail of its anti-tumor activity is lacking. In this study, the effects of atractylenolide I (AT-I), a bio-active compound present in rhizome was studied in the human colorectal adenocarcinoma cell line HT-29. The results showed that AT-I induced apoptosis of human colon cancer cells through activation of the mitochondria-dependent pathway. The IC of AT-I was 277.6 μM, 95.7 μM and 57.4 μM, after 24, 48 and 72 h of incubation with HT-29, respectively. TUNEL and Annexin V-FITC/PI double stain assays showed HT-29 DNA fragmentation after cell treatment with various AT-I concentrations. Western blotting analysis revealed activation of both initiator and executioner caspases, including caspase 3, caspase 7, and caspase 9, as well as PARP, after HT-29 treatment with AT-I via downregulation of pro-survival Bcl-2, and upregulation of anti-survival Bcl-2 family proteins, including Bax, Bak, Bad, Bim, Bid and Puma. The studies show for the first time that AT-I is an effective drug candidate towards the HT-29 cell.