国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

間質性永久放射性I型シード移植療法におけるコンピュータ断層撮影支援三次元印刷コプラナーテンプレート誘導に関する専門家のコンセンサス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Cancer Res Ther.2019;15(7):1430-1434. JCanResTher_2019_15_7_1430_275556. doi: 10.4103/jcrt.JCRT_434_19.

間質性永久放射性I型シード移植療法におけるコンピュータ断層撮影支援三次元印刷コプラナーテンプレート誘導に関する専門家のコンセンサス

Expert consensus on computed tomography-assisted three-dimensional-printed coplanar template guidance for interstitial permanent radioactive I seed implantation therapy.

  • Junjie Wang
  • Shude Chai
  • Ruoyu Wang
  • Guangjun Zheng
  • Kaixian Zhang
  • Bin Huo
  • Xiaodong Huo
  • Yuliang Jiang
  • Zhe Ji
  • Ping Jiang
  • Ran Peng
PMID: 31939420 DOI: 10.4103/jcrt.JCRT_434_19.

抄録

間質性永久放射性シードの植え込みでは、高い局所線量を腫瘍に照射し、周囲の正常組織で急激に低下します。超音波またはCT(コンピュータ断層撮影)誘導による放射性シードの移植は、低侵襲であり、迅速な回復を可能にします。経腹膜平面テンプレートを用いた経直腸超音波ガイド下のI型シード移植は、目標体積線量分布が非常に一貫している早期前立腺がんの標準的な治療法である。計画後の線量評価は計画前の評価と一致している。これまでは、体の他の場所にシードを移植するためのワークフローがなく、患者の体位変化や臓器の移動、骨構造の干渉などにより、効果的にプレプランを行うことが困難でした。ブラキセラピーのための三次元(3D)印刷技術とシード移植計画システムとともに、3D-PCT(3D-printed coplanar templates)と呼ばれるコプレーナ座標テンプレートとX Y軸座標テンプレートが作成された。3D-PCTの援助を受けたCTガイダンスの下でのシード移植は、いくつかのがん腫で非常に成功している。事前の計画は、腫瘍の総体積の事後計画と非常に一致していた。すべての針は3D-PCTのために平行に保たれ、コプレーナー針の再配置は行われていない。現在のところ、3D-PCT補助シード移植の標準的なワークフローは存在しない。3D-PCTと比較して、CTを用いた誘導のコンセンサストピックは以下の通りである。種子移植の適応、事前計画、放射線量と線量評価の定義、3D-PCTのワークフロー、放射線防護、スタッフの質。一部の固形がんに対するIシード移植を支持する現在のデータにもかかわらず、他の固形がんにおけるIシード移植の使用に関する強力なエビデンスを収集するために、前向き無作為化多施設共同臨床試験が必要とされている。

Interstitial permanent radioactive seed implantation delivers a high local dose to tumors and sharply drops off at surrounding normal tissues. Radioactive seeds implanted via ultrasound or computed tomography (CT) guidance are minimally invasive and facilitate quick recovery. Transrectal ultrasound-guided I seed implantation assisted by a transperineal plane template is standard for early-stage prostate carcinoma, with a highly consistent target volume dose distribution. The postplan dose evaluation is consistent with the preplan evaluation. Until now, there was no workflow for seed implantation elsewhere in the body, and it was difficult to effectively preplan for seed implantation because of patients' position changes, organ movement, and bone structure interference. Along with three-dimensional (3D) printing techniques and seed implantation planning systems for brachytherapy, coplanar and X Y axis coordinate templates were created, referred to as 3D-printed coplanar templates (3D-PCT). I seed implantation under CT guidance with 3D-PCT assistance has been very successful in some carcinomas. Preplanning was very consistent with postplanning of the gross tumor volume. All needles are kept parallel for 3D-PCT, with no coplanar needle rearrangement. No standard workflow for 3D-PCT-assisted seed implantation exists at present. The consensus topics for CT-assisted guidance compared to 3D-PCT-assisted guidance for seed implantation are as follows: Indications for seed implantation, preplanning, definition of radiation doses and dosimetry evaluation, 3D-PCT workflow, radiation protection, and quality of staff. Despite current data supporting I seed implantation for some solid carcinomas, there is a need for prospectively-randomized multicenter clinical trials to gather strong evidence for using I seed implantation in other solid carcinomas.