会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

PHLPP2 の発現は大腸癌の臨床病理学的特徴や予後と相関している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Clin Exp Pathol.2019;12(8):2909-2919. Epub 2019-08-01.

PHLPP2 の発現は大腸癌の臨床病理学的特徴や予後と相関している

Expression of PHLPP2 correlates with clinicopathologic characteristics and prognosis in colorectal cancer.

  • Shu-Hua Wu
  • Xiao-Yang Xu
  • Chen-Bo Sun
  • Fei-Fei Wen
  • Shuang He
  • Xiang-Qian Gao
  • Yuan-Hang Liu
  • Liu Liu
PMID: 31934127 PMCID: PMC6949717.

抄録

PH ドメインロイシンリッチリピートプロテインホスファターゼ 2 (PHLPP2) はホスホキナーゼファミリーに属し、いくつかの癌において重要な役割を果たすことが報告されている。しかし、大腸がん(CRC)におけるPHLPP2の発現や臨床病理学的特徴との相関性については、まだ明らかにされていない。本研究の目的は、PHLPP2 の発現を調べ、CRC における PHLPP2 の役割を探ることである。CRC 症例 130 例と正常組織における PHLPP2、PTEN、PI3KCA、PI3KCB の発現を免疫組織化学で評価した。さらに、32組のCRC組織およびそれに対応する正常組織におけるPHLPP2、PTEN、PI3KCAおよびPI3KCBの発現を、それぞれRT-PCRおよびウエスタンブロット法により決定した。その結果、CRCでは正常組織に比べてPHLPP2の発現が有意に低かった。しかし、PHLPP2 mRNAはCRCと正常組織の間に有意な差を示さなかった。左大腸癌(LCC)ではPTENの発現は認められなかったが、右大腸癌(RCC)ではPI3KCAとPI3KCBの発現が有意に高かった。PHLPP2はCRCではp-Akt1と負の相関を示した。CRC組織のPHLPP2(+)/PTEN(+)におけるp-Akt1の発現は、他のグループと比較して有意に低かった。PHLPP2の発現は、分化、浸潤、リンパ節転移と相関していた。Kaplan-Meier解析および多変量解析の結果、PHLPP2は予後と密接に関連しており、より重要なことは、PHLPP2はCRCの独立した予後因子であるということである。結論として、PHLPP2はCRCの発症、転移、予後に大きな役割を果たしている可能性がある。

PH domain leucine-rich repeat protein phosphatase 2 (PHLPP2) belongs to the phosphokinase family, that has been reported to play an important role in several cancers. However, the expression of PHLPP2 and its correlation with clinicopathologic characteristics in colorectal cancer (CRC) have yet to be determined. The aim of this study is to investigate the expression of PHLPP2 and explore its role in CRC. The expression of PHLPP2, PTEN, PI3KCA, and PI3KCB in 130 cases of CRC and normal tissues was assessed by immunohistochemistry. In addition, the expression of PHLPP2, PTEN, PI3KCA, and PI3KCB in 32 pairs of CRC tissues and their corresponding normal tissues was determined by RT-PCR and western blotting, respectively. PHLPP2 expression in CRC was significantly lower than that of normal tissues. However, PHLPP2 mRNA shows no significant difference between CRC and normal tissue. PTEN expression in left colorectal cancer (LCC) was absent, while PI3KCA and PI3KCB in right colorectal cancer (RCC) were significantly higher than those in LCC. PHLPP2 was negatively correlated with p-Akt1 in CRC. The expression of p-Akt1 in PHLPP2 (+)/PTEN (+) in CRC tissues was significantly lower than that in other groups. PHLPP2 expression was correlated with differentiation, invasion, and lymph node metastasis. Kaplan-Meier analysis and multivariate analysis reveal that PHLPP2 is closely related to prognosis; more importantly, it is an independent prognostic factor for CRC. In conclusion, PHLPP2 may play a major role in the development, metastasis, and prognosis of CRC.

IJCEP Copyright © 2019.