会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

乳房温存手術後に全乳房放射線療法を受けた患者における乳房リンパ浮腫の発生率とその発症予測因子 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Lymphology.2019;52(3):126-133.

乳房温存手術後に全乳房放射線療法を受けた患者における乳房リンパ浮腫の発生率とその発症予測因子

Incidence of breast lymphedema and predictors of its development in patients receiving whole breast radiation therapy after breast-conservation surgery.

  • R G Ganju
  • G Savvides
  • S Korentager
  • M J Ward
  • M TenNapel
  • A Amin
  • J Wagner
  • M Mitchell
PMID: 31874124

抄録

乳房温存手術および補助放射線照射後の一般的な副作用の1つはリンパ浮腫である。腕のリンパ浮腫は十分に特徴づけられているが、乳房のリンパ浮腫についてはあまり調査されていない。我々は、早期乳がんの女性における乳房リンパ浮腫(BLE)の発生率を明らかにし、その発生の潜在的な予測因子を特定することを目指した。2016年1月~2017年6月に乳腺摘出術と補助的全乳房放射線療法(WBRT)の治療を受けた連続した患者230人を対象とした。すべての患者は、ベースラインおよび少なくとも1回のフォローアップリンパ浮腫測定のために、当院のリンパ浮腫モニタリングクリニックを受診した。BLEのグレードは、リンパ浮腫クリニックの訓練を受けた看護師によって割り当てられた。患者の人口統計学的および治療因子に関するデータは電子カルテから抽出した。グループ間の比較は、SASを用いたカイ二乗分析を用いて行った。サンプルの年齢中央値は62歳(範囲31~90歳)であった。手術からの経過観察期間の中央値は15.3ヵ月であった。43人の患者が乳房リンパ浮腫と診断された(18.7%)。グレード1および2のBLEの割合はそれぞれ93%および7%であった;重度のリンパ浮腫の症例はなかった。症例の63%は、推奨された治療法で最終フォローアップまでに消失していた。BLEの発症と、年齢、T期、放射線量と分画、リンパ節生検、リンパ節摘出数、腕のリンパ浮腫の発症、化学療法の使用を含む調査された患者因子との間に関連はなかった。腫瘍サブタイプは有意であり(P = 0.04)、トラスツズマブのレセプトに有意な傾向がみられた(P = 0.09)。BLEは腕のリンパ浮腫とは異なるものであり、乳房温存手術および補助的WBRTを受けた女性によくみられる所見である。一般に軽度で自己制限的な経過である。我々のサンプルでは、HER-2陽性疾患およびトラスツズマブの投与を除き、リンパ浮腫発症リスクの増加と相関する治療または患者関連因子は見られなかった。

One common adverse effect following breast-conservation surgery and adjuvant radiation is lymphedema. While lymphedema of the arm has been well-characterized, there has been less investigation into lymphedema of the breast. We sought to characterize rates of breast lymphedema (BLE) in women with early-stage breast cancer and identify potential predictors in its development. Two hundred and thirty consecutive patients treated with lumpectomy and adjuvant whole breast radiation therapy (WBRT) from January 2016 - June 2017 were included. All patients were seen in our lymphedema monitoring clinic for baseline and at least one follow-up lymphedema measurement. BLE grades were assigned by trained nurses in the lymphedema clinic. Data regarding patient demographic and treatment factors were extracted from the electronic medical record. Comparisons between groups were made using Chi-Square analysis performed in SAS. The median age of the sample was 62 (range 31-90). Median follow-up from surgery was 15.3 months. Forty-three patients were diagnosed with lymphedema of the breast (18.7%). Rates of grade 1 and 2 BLE were 93% and 7%, respectively; there were no cases of severe lymphedema. Sixty-three percent of cases resolved by last follow-up with treatment recommendations. There was no association between development of BLE and patient factors investigated, including age, T stage, radiation dose and fractionation, lymph node biopsy, number of lymph nodes removed, development of arm lymphedema, and use of chemotherapy. Tumor subtype was found to be significant (P = 0.04) and there was a trend towards significance for receipt of trastuzumab (P = 0.09). BLE is a distinct entity from arm lymphedema and is a common finding in women treated with breast-conserving surgery and adjuvant WBRT. It is a generally mild and self-limiting process. There were no treatment or patient-related factors that correlated with increased risk of lymphedema development in our sample except for HER-2 positive disease and receipt of trastuzamab.

Copyright by International Society of Lymphology.