会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

パラファルシン髄膜腫切除に対する重力支援同側パラメディアンアプローチ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
World Neurosurg.2020 Mar;135:234-240. S1878-8750(19)33096-7. doi: 10.1016/j.wneu.2019.12.067.Epub 2019-12-19.

パラファルシン髄膜腫切除に対する重力支援同側パラメディアンアプローチ

Gravity-Assisted Ipsilateral Paramedian Approach for Parafalcine Meningioma Resection.

  • Guo Yu
  • Xiaowen Wang
  • Xin Zhang
  • Kai Quan
  • Wei Hua
  • Zixiao Yang
  • Peiliang Li
  • Peixi Liu
  • Jianping Song
  • Wei Zhu
PMID: 31863889 DOI: 10.1016/j.wneu.2019.12.067.

抄録

背景:

我々のシリーズでは、重力支援同側パラメディアンアプローチは、対側脳インピンジメントを起こさず、脳の引っ込みを必要としないため、パラファルシン髄膜腫の切除に安全で有利であることが示された。我々はこの方法の技術的詳細と患者の転帰を報告した。

BACKGROUND: In our series, the gravity-assisted ipsilateral paramedian approach was shown to be safe and advantageous for the resection of parafalcine meningioma, because it does not result in contralateral brain impingement and does not require brain retraction. We have reported the technical details of this method and the outcomes of our patients.

方法:

2018 年 9 月から 2019 年 9 月にかけて、パラファルシン髄膜腫の連続した 10 例の患者を対象に、重力支援同側パラメディアンアプローチを用いたマイクロサージェリーを実施した。臨床データ、放射線画像、手術成績を収集し、分析した。

METHODS: From September 2018 to September 2019, 10 consecutive patients with parafalcine meningioma underwent microsurgery using the gravity-assisted ipsilateral paramedian approach. The clinical data, radiological images, and surgical outcomes were collected and analyzed.

結果:

10人全員(男性5人、女性5人、平均年齢55.8±12.5歳)が安全な腫瘍切除を受けた。10例の腫瘍のうち、6例は前頭部、2例は頭頂部、2例は前頭部と頭頂部に位置していた。上矢状静脈洞壁は6例で影響を受けていた。60%の患者に明らかな周囲浮腫が認められた。手術中、8名の患者に橋状静脈が認められ、小枝を除いて保存されていた。脳退縮や遷延は必要とされず、全摘出は10例すべてで達成された。術後1ヵ月後に予期せぬ急性硬膜下血腫が発生したことを除いて、術後の大きな合併症はなかった。退院時の良好な転帰(グラスゴー転帰尺度4以上)は10例全員が達成しており、平均追跡期間は5.8±3.7ヵ月であった。

RESULTS: All 10 patients (5 men and 5 women, mean age, 55.8 ± 12.5 years) underwent safe tumor resection. Of the 10 tumors, 6 were located in the frontal area, 2 in the parietal area, and 2 in frontal and parietal area. The superior sagittal sinus wall had been affected in 6 patients. Obvious perilesional edema was observed in 60% of the patients. During surgery, bridging veins were encountered in 8 patients and were preserved, except for a small branch. Brain retraction or transgression was not required, and gross total resection was achieved in all 10 patients. No major postoperative complications occurred, except for an unexpected subacute subdural hematoma 1 month postoperatively. All 10 patients had achieved a favorable outcome (Glasgow outcome scale, ≥ 4) at discharge, which remained the same after a mean follow-up of 5.8 ± 3.7 months.

結論:

本症例シリーズの結果は、パラファルシン髄膜腫切除に対する重力補助同側パラメディアンアプローチの安全性を実証している。このアプローチは良好な腫瘍露出と明確な識別とブリッジング静脈の保存を提供し、対側の脳のインピンジメントをもたらさず、過剰な脳の引っ込みを必要としない。

CONCLUSIONS: The results from the present case series have demonstrated the safety of the gravity-assisted ipsilateral paramedian approach for parafalcine meningioma resection. The approach provides good tumor exposure and clear identification and preservation of bridging veins, does not result in contralateral brain impingement, and does not require excessive brain retraction.

Copyright © 2019 Elsevier Inc. All rights reserved.