国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

グリーンイグアナ(イグアナ)オスのテストステロン定量のための酵素免疫測定法の検証 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gen. Comp. Endocrinol..2020 02;287:113343. S0016-6480(19)30355-7. doi: 10.1016/j.ygcen.2019.113343.Epub 2019-12-04.

グリーンイグアナ(イグアナ)オスのテストステロン定量のための酵素免疫測定法の検証

Validation of an enzyme immunoassay for the quantification of testosterone in green iguana males (Iguana iguana).

  • Heriberto Barbosa Moyano
  • Rodrigo Luis Silva Ribeiro Santos
  • Martha Patricia Ramírez Pinilla
PMID: 31809722 DOI: 10.1016/j.ygcen.2019.113343.

抄録

免疫学的手法による内分泌学的研究により、動物の環境課題への応答機構や生殖調節機構を解明することができる。しかし、ステロイドホルモンの検出・定量のための免疫学的アッセイには、事前のバリデーション試験が必要であることが見落とされがちである。本研究では、市販の酵素免疫アッセイ(EIA)の有効性を、半捕獲性のグリーンイグアナ(イグアナイグアナ)の集団からの雄の血漿テストステロン(T)の定量のために評価した。酵素免疫測定法は、特異性、正確性、精度について検証した。EIAによって得られたテストステロン濃度を、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)によって同じサンプルで得られた推定値と比較した。提案されたプロトコールは直線性と平行性を示し、T回収率は80~110%以内の精度であり、精度のばらつきは10%未満であることが判明した。EIA法では、オスイグアナの血漿中T濃度を繁殖期(29.7±14.4ngmL、n=4)と繁殖期外(6.8±2.0ngmL、n=4)で区別することができた。HPLC法では、繁殖期の個体のみを対象としたT濃度の検出が可能であった。2つの方法で得られたT濃度は統計的には差がなく(p>0.05)、市販のEIAキットは、血漿中のT濃度を定量し、その結果、グリーンイグアナのオスの繁殖状態を区別するために、実験室でのルーチンに使用できることが示された。

The endocrinological study by immunological methods allows elucidating mechanisms of response to environmental challenges and reproductive regulatory mechanisms in animals. However, it is often overlooked that immunological assays for the detection and quantification of steroid hormones require prior validation tests. In this study, the efficacy of a commercial enzyme immunoassays (EIA) was evaluated for the quantification of plasma testosterone (T) in males from a population of green iguanas (Iguana iguana) in semi-captivity. The enzyme immunoassay was validated for specificity, accuracy and precision. Testosterone concentrations obtained by EIA were compared to estimates obtained on the same samples by high-performance liquid chromatography (HPLC). The proposed protocol has shown linearity and parallelism, T recovery was found to be within 80-110% accuracy, and precision variation was <10%. The EIA method allowed the differentiation of the plasma T concentration of male iguanas during the reproductive season (29.7 ± 14.4 ng mL, n = 4) and outside the reproductive season (6.8 ± 2.0 ng mL, n = 4). The HPLC method has been able to detect concentrations of T only for those individuals during the reproductive season. The T concentrations obtained by the two methods were not statistically different (p > 0.05) indicating that the commercial EIA kit analyzed can be employed in the laboratory routine to quantify plasma T concentration and consequently differentiate the reproductive status of green iguana males.

Copyright © 2019 Elsevier Inc. All rights reserved.