会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

プロポリス(蜂の接着剤)の組成と機能的特性。総説 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Saudi J Biol Sci.2019 Nov;26(7):1695-1703. S1319-562X(18)30189-X. doi: 10.1016/j.sjbs.2018.08.013.Epub 2018-08-17.

プロポリス(蜂の接着剤)の組成と機能的特性。総説

Composition and functional properties of propolis (bee glue): A review.

  • Syed Ishtiaq Anjum
  • Amjad Ullah
  • Khalid Ali Khan
  • Mohammad Attaullah
  • Hikmatullah Khan
  • Hussain Ali
  • Muhammad Amjad Bashir
  • Muhammad Tahir
  • Mohammad Javed Ansari
  • Hamed A Ghramh
  • Nuru Adgaba
  • Chandra Kanta Dash
PMID: 31762646 PMCID: PMC6864204. DOI: 10.1016/j.sjbs.2018.08.013.

抄録

プロポリスは、ポプラ、ヤシ、松、針葉樹の分泌物、ガム、樹脂、粘液、葉の芽など、様々な植物からミツバチが採取した天然物質です。ミツバチが丹精込めて採取したもので、巣に発生した亀裂や隙間を塞ぐために使用されます。もともとは、蜂の巣の微生物感染を防ぐ防腐剤として、また侵入者の腐敗を防ぐために使用されていました。さらに、プロポリスは何世紀にもわたって民間療法で使用されてきました。プロポリスの生物学的特性は、その化学組成、植物の供給源、地域、季節によって異なります。プロポリスには、フェノール化合物、芳香酸、精油、ワックス、アミノ酸など300以上の化合物が含まれていることが確認されています。毎年多くの科学論文が国際的な学術誌に発表されており、いくつかの研究グループがプロポリスの化合物と生物学的活性に注目しています。

Propolis is a natural substance collected by honey bees from various plants such as, poplar, palm, pine, conifer secretions, gums, resins, mucilage and leaf buds. It is collected and brought very painstakingly by honey bees to be used for sealing cracks and crevices occurring in their hives. Originally, it as an antiseptic meant for preventing bee-hive from microbial infections along with preventing decomposition of intruders. Additionally, propolis has been used in folk medicine for centuries. The biological characteristics of propolis depend upon its chemical composition, plant sources, geographical zone and seasons. More than 300 compounds have been identified in propolis such as, phenolic compounds, aromatic acids, essential oils, waxes and amino acids. Many scientific articles are published every year in different international journals, and several groups of researchers have focused their attention on the chemical compounds and biological activity of propolis.

© 2018 Production and hosting by Elsevier B.V. on behalf of King Saud University.