会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

DHEASはMCF-7乳癌細胞に対する17ß-エストラジオールの転移・増殖効果を抑制する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biochim Biophys Acta Mol Cell Res.2020 02;1867(2):118600. S0167-4889(19)30208-3. doi: 10.1016/j.bbamcr.2019.118600.Epub 2019-11-21.

DHEASはMCF-7乳癌細胞に対する17ß-エストラジオールの転移・増殖効果を抑制する

DHEAS prevents pro-metastatic and proliferative effects of 17ß-estradiol on MCF-7 breast cancer cells.

  • Neha Upmanyu
  • Ahmed Bulldan
  • Klaus Failing
  • Georgios Scheiner-Bobis
PMID: 31760088 DOI: 10.1016/j.bbamcr.2019.118600.

抄録

一般的に、循環するデヒドロエピアンドロステロン硫酸(DHEAS)は脱硫され、さらにエストロゲンに代謝されると考えられていますが、これはエストロゲン反応性乳がんのすべての患者にとって懸念されています。我々は、ヒトの転移性エストロゲン応答性MCF-7乳癌細胞に対するDHEAS、その脱硫形態DHEA、および17ß-エストラジオールの効果を比較することによって、この問題に取り組んだ。生理的濃度のDHEASはErk1/2のリン酸化を促進したが、DHEAと17ß-エストラジオールはErk1/2のリン酸化を促進しなかったことから、硫酸化ステロイドが自律的なホルモンとして作用していることが示唆された。MCF-7細胞を17ß-エストラジオールに曝露すると、細胞増殖が促進され、クラウディン-1、マトリックスメタロプロテアーゼ9(MMP9)、CCケモカインリガンド2(CCL2)などの転移性・浸潤性因子の発現が促進された。対照的に、DHEASでの治療はこれらの応答を刺激せず、17ß-エストラジオールのすべての作用を阻止し、その結果、細胞の遊走と浸潤が完全に阻害された。本研究の結果は、DHEASがエストロゲンの内因性供給源として危険であるという仮説に挑戦するだけでなく、DHEASのレベルを生理的範囲内に保つことがエストロゲン反応性乳がんの治療に有効であるという考えを支持するものである。

It is generally assumed that circulating dehydroepiandrosterone sulfate (DHEAS) can be desulfated and further metabolized to estrogen, which is of concern for all patients with estrogen-responsive breast cancer. We addressed this issue by comparing the effects of DHEAS, its desulfated form DHEA, and 17ß-estradiol on human metastatic, estrogen-responsive MCF-7 breast cancer cells. Physiological concentrations of DHEAS promoted phosphorylation of Erk1/2, whereas DHEA and 17ß-estradiol failed to stimulate Erk1/2 phosphorylation, indicating that the sulfated steroid acts as an autonomous hormone. Exposure of MCF-7 cells to 17ß-estradiol stimulated cell proliferation and the expression of pro-metastatic and pro-invasive elements such as claudin-1, matrix metalloproteinase 9 (MMP9), and the CC chemokine ligand 2 (CCL2). In contrast, treatment with DHEAS did not stimulate these responses but prevented all of the actions of 17ß-estradiol, and as a consequence cell migration and invasion were completely inhibited. The results of this study not only challenge the assumption that DHEAS poses a danger as an endogenous source of estrogen, they rather favor the idea that keeping DHEAS levels within a physiological range might be supportive in treating estrogen-responsive breast cancer.

Copyright © 2019 Elsevier B.V. All rights reserved.