会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Kワイヤー固定術後の中手骨の異所性骨折。症例報告と予防 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Surg Case Rep.2019;65:267-270. S2210-2612(19)30637-6. doi: 10.1016/j.ijscr.2019.11.003.Epub 2019-11-09.

Kワイヤー固定術後の中手骨の異所性骨折。症例報告と予防

Iatrogenic metacarpal fracture after K-wire fixation: A case report and prevention.

  • Ja Hea Gu
  • Su Hyun Choi
PMID: 31743844 PMCID: PMC6864321. DOI: 10.1016/j.ijscr.2019.11.003.

抄録

はじめに:

手根中手骨(CMC)関節骨折脱臼の管理において、Kワイヤー固定に失敗した後の異所性骨折はまだ報告されていない(Hsu et al.我々は、CMC関節骨折脱臼の管理におけるKワイヤー関連の合併症の1例を提示し、Kワイヤーの配置を計画し、Kワイヤーパスの回数を最小限に抑えることの重要性を強調している。

INTRODUCTION: Iatrogenic fractures after failed K-wire fixation in the management of a carpometacarpal (CMC) joint fracture-dislocation have not yet been reported (Hsu et al., 2011). We present a case of K-wire-related complication in the management of a CMC joint fracture-dislocation and highlight the importance of planning K-wire placement and minimizing the number of K-wire passes.

事例紹介:

22歳の患者は、手を壁にぶつけた後、手首の腫れと痛みを訴えて来院した。当院のプロトコールに従い、縮小術とK線固定術が計画された。これらの処置の間、当院の研修医は何度も固定ピンを挿入しようとしたが、放射線学的所見ではKワイヤートラックの不適切な配置が証明された。術後5週目に外来を受診し、Kワイヤーを外して動員を開始した。2週間後に第5中手骨部に急性の痛みと腫脹を訴えて再来院した。

PRESENTATION OF CASE: After beating his hand against a wall, a 22-year-old patient visited our clinic complaining of a swollen and painful wrist. Following our protocol, reduction and K-wire fixation was planned. During these procedures, the resident of our team made several attempts to insert transfixation pins and radiologic finding demonstrated incorrect placement of the K-wire track. The patient visited the outpatient clinic at 5 weeks postoperatively then we removed the K-wires and began mobilization. Two weeks later, the patient came back with acute onset of pain and swelling at the 5th metacarpal area.

DISCUSSION:

StahlとSchwartzは、Kワイヤーに関連した合併症の27.8%が技術的な失敗によるものであり、技術的な失敗の90%は病院の研修医によるものであったと報告している。十分に確立されたガイドラインと経験豊富な外科医による監督は、技術的失敗の割合を減少させる可能性が高い。Kワイヤーの複数回のパスは、Kワイヤーの鈍化とその後の発熱をもたらし、その後の緩みと固定の喪失につながる。

DISCUSSION: Stahl and Schwartz reported that 27.8 % of complications related K-wire were due to technical failure and 90 % of technical failure were caused by hospital residents. Well-established guidelines and supervision by a highly experienced surgeon is likely to reduce the rate of technical failure. Multiple passes of the K-wire have resulted in blunting of the K-wire and subsequent heat generation then lead to subsequent loosening and loss of fixation.

結論:

術前に計画を立て、Kワイヤーのルートをマーキングし、適切なKワイヤーの太さにすることで、このような合併症を最小限に抑えることができます。患者には、Kワイヤー除去後、残存する穴がストレスライザーの対象となる可能性があることを伝えておくべきである。

CONCLUSION: Preoperative planning, marking the K-wire route, and appropriate K-wire thickness minimize such complications. Patients should be informed that following K-wire removal, the residual holes could be subject to stress risers.

Copyright © 2019 The Authors. Published by Elsevier Ltd.. All rights reserved.