会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

睡眠に関連する表現型に関連する遺伝的多型;HUNT研究における個々の不眠症の夜間症状との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Med. Genet..2019 11;20(1):179. 10.1186/s12881-019-0916-6. doi: 10.1186/s12881-019-0916-6.Epub 2019-11-12.

睡眠に関連する表現型に関連する遺伝的多型;HUNT研究における個々の不眠症の夜間症状との関連

Genetic polymorphisms associated with sleep-related phenotypes; relationships with individual nocturnal symptoms of insomnia in the HUNT study.

  • Daniela Bragantini
  • Børge Sivertsen
  • Philip Gehrman
  • Stian Lydersen
  • Ismail Cüneyt Güzey
PMID: 31718593 PMCID: PMC6852911. DOI: 10.1186/s12881-019-0916-6.

抄録

背景:

近年、睡眠関連形質に関するいくつかのGWAS(ゲノムワイド関連研究)では、多数のSNP(一塩基多型)が同定されているが、不眠症の症状との関連性は明らかにされていない。本研究の目的は、これまでに睡眠関連表現型との関連性が報告されているSNPが、個々の不眠症の症状と関連しているかどうかを調べることであった。

BACKGROUND: In recent years, several GWAS (genome wide association studies) of sleep-related traits have identified a number of SNPs (single nucleotides polymorphism) but their relationships with symptoms of insomnia are not known. The aim of this study was to investigate whether SNPs, previously reported in association with sleep-related phenotypes, are associated with individual symptoms of insomnia.

方法:

HUNT研究(ノルウェー)の参加者の中から、睡眠導入、睡眠維持、早朝覚醒困難を含む少なくとも1つの不眠症の症状を報告した参加者(症例、N=2563)を、全く症状を示さなかった参加者(対照者、N=3665)と比較して抽出しました。症例はさらに、これら3つの症状の組み合わせの違いによって7つのサブグループに分けられた。多項ロジスティック回帰を用いて、症状の異なるパターンと過去のGWAS研究で同定された59のSNP間の関連を検定した。

METHODS: We selected participants from the HUNT study (Norway) who reported at least one symptom of insomnia consisting of sleep onset, maintenance or early morning awakening difficulties, (cases, N = 2563) compared to participants who presented no symptoms at all (controls, N = 3665). Cases were further divided in seven subgroups according to different combinations of these three symptoms. We used multinomial logistic regressions to test the association among different patterns of symptoms and 59 SNPs identified in past GWAS studies.

結果:

16のSNPは少なくとも1つの症状サブグループと有意に関連していた(p<0.05)が、偽発見率(FDR)法を用いた多重検定で補正した後も、調査したSNPはいずれも有意なままであった。

RESULTS: Although 16 SNPS were significantly associated (p < 0.05) with at least one symptom subgroup, none of the investigated SNPs remained significant after correction for multiple testing using the false discovery rate (FDR) method.

結論:

睡眠関連形質に関連するSNPは、複数の検査で補正しても不眠症症状のどのパターンにも複製されない。しかし、この場合の補正は過度に保守的である可能性がある。

CONCLUSIONS: SNPs associated with sleep-related traits do not replicate on any pattern of insomnia symptoms after multiple tests correction. However, correction in this case may be overly conservative.